2016年11月 6日 (日)

掘り炬燵その2

ベンチを組み合わせて作った掘り炬燵ですが、しょうへい以外には「高い」と不評です。
座面の高さが47cmですが、これだと足がプラプラしてしまう。
また、昇り降りもちょっと怖い感じがするそうです。

仕方ない。ちょっと低くするか。
6cm低くして、41cmにしました。
ベンチをばらして、丸ノコで切って・・・。
全部のベンチなので結構な作業です。

Simg_3435_2
出来上がり。

Simg_3434_2
おや、何かいるぞ。

Simg_3433
いっちゃんだ。

Simg_3438
炬燵を載せると、こんな感じ。

Simg_3437
分かったよ。

 

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

掘り炬燵

「テーブルと椅子の生活がしたい」と子どもたち。
でも、炬燵も捨てがたいしなあ。
そうだ、掘り炬燵だ!
「床に穴を空けるの?」
いやいや、父ちゃんにアイデアがある。

じゃーん。
どうだ、ベンチを組み合わせた掘り炬燵。
「イメージ違う」「高い」
でも、実用性はバッチリだぞ。
しばらく使ってみよう。

(90cmのベンチ4つと120cmのベンチ2つを組み合わせて、作りました。)

Simg_3428

Simg_3425 Simg_3398 Simg_3402




| | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

断熱大作戦その2

今日は暖かくて、断熱に思いを巡らしづらい日ですが、内窓つくりは続きます。
今度は、北側のトイレと風呂場の窓。
ここには、ポリカボード(プラダンみたいなもの)を使用、ガラス用のレールを使って極めて簡単に作製しました。
これは手軽でいいなあ。

Simg_2265Simg_2260 Simg_2263

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

断熱大作戦

寒い寒い我が家。
昨年は、窓にビニールを垂らして乗り切ったが、ちょっと格好悪い。
よし内窓を作ろう!

昨年末から取り組んだ内窓。
木枠にプラ板をはめ込んで作ります。
木枠の加工は、玄関先の製材所。

Simg_2078_3

木枠には溝を2本掘ってあります。
なんとペアガラス?(ガラスじゃないけど)

Simg_2108_3 Simg_2109_2

プラ板を切った余りを使って敷居を作りました。

Simg_2140 Simg_2142

昨年末から断続的に作っていた内窓ですが、ようやく完成。
これで寒さも和らぐかな?

Stimg_2152

| | コメント (0)

2015年1月24日 (土)

母ちゃんの花壇(庭造りその8)

庭の一画に花壇が欲しい。
母ちゃんからの要望です。
残土処理を兼ねて、花壇スペースを設けました。
といっても、枕木を並べて、残土を敷いただけ。
でも、立派な花壇スペースになりました。

Simg_0396_2 Simg_0406

立派な花壇になるかな?

これまでの記事
土方の父ちゃん(庭造りその1)
枯山水の池(庭造りその2)
床掘(庭造りその3)
ブロック敷(庭造りその4)
石板の乱張り(庭造りその5)
目地コンクリート(庭造りその6)
芝張り(庭造りその7)

| | コメント (0)

芝張り(庭造りその7)

庭造りを急いでいたのは、早く芝を貼らなくてはいけない、ということが大きいです。
資材をいろいろ頼んだ時には、こんなに大変な作業だとは思わずに始めてしまいました。
いろんな資材と一緒に届いた芝。
家の裏に積んであって、このままでは枯れちゃうか、腐っちゃうんじゃないか、と不安でした。

すぐに貼りたいところでしたが、庭に広げた土砂などの資材が無くならないと貼ることもできない。
という訳で、気がもめましたが他の作業を一生懸命やっていました。
作業も終盤に差し掛かり、ようやく貼り始めることができました。

まずは、一区画。
砂を薄く敷いて平らにしたところに並べていきます。
並べるだけなので、楽な作業です。

Simg_0283 Simg_0284 Simg_0289

別な日に残り。
他の作業と並行しながら、また、庭に置いてあった資材を片づけながらなので、結局3日要しました。

さて、ちゃんと根付くかな?

Simg_0396

これまでの記事
土方の父ちゃん(庭造りその1)
枯山水の池(庭造りその2)
床掘(庭造りその3)
ブロック敷(庭造りその4)
石板の乱張り(庭造りその5)
目地コンクリート(庭造りその6)

| | コメント (0)

目地コンクリート(庭造りその6)

アップ遅れました。
実際は、10~11月の作業の話です。

母ちゃんといっちゃんが並べてくれた石板。
飽くまで仮置き。
これを水平にします。
水平器で一枚一枚確かめる地道な作業。
砂で調節します。
結構な手間です。

Simg_0253 Simg_0254

続いて、石板が動かないように周囲をモルタルで固定する作業。
砂で土手を築いて、そこにモルタルを埋め込みます。

Simg_0262 Simg_0267 Simg_0271

最後に目地をモルタルで埋めます。
これもかなりの手間。
単に砂で埋めれば良かったな、とやや後悔(草は生えると思うけど)。

Simg_0347 Simg_0348 Simg_0357

ようやく完成!
一回で紹介しましたが、断続的に進めて(合間に他の作業も入れながら)約ひと月かかりました。

Simg_0407

今回は、石板を砂の上に並べて目地をモルタルで埋めましたが、モルタルを厚く敷いてトントンと叩いて水平をとりながら端から決めていく、というやり方の方がきっと簡単だと思います。
(一部その方法を試してみました。)

これまでの記事
土方の父ちゃん(庭造りその1)
枯山水の池(庭造りその2)
床掘(庭造りその3)
ブロック敷(庭造りその4)
石板の乱張り(庭造りその5)

| | コメント (0)

植木鉢ヒーターその4

普通の部屋では全然使えない植木鉢ヒーター。
小さい部屋ではどうかな?

ということでトイレに設置してみました。
或る寒い朝。
気温2度。
ロウソク4つ灯したヒーター。
2時間後には、気温8度まで上がりました。
ほんのりとした暖かさがあります。

Simg_0518 Simg_0519

トイレには、使えそうです。

これまでの記事
植木鉢ヒーター
植木鉢ヒーターその2
植木鉢ヒーターその3

| | コメント (0)

植木鉢ヒーターその3

さて、再び植木鉢ヒーターの実験。
我が家の一番寒い8畳和室に設置しました。
ロウソク4個。
さて、どうかな?

Simg_0476

気温9度。
ロウソクは約2時間半もちます。
さて、ロウソクが消える頃の気温は?
9度。
全然変わらないじゃないか。
普通の部屋では使えないことが実証されました。

| | コメント (0)

キッチン改造

我が家の手造りキッチン。
シンク下は、4枚の板を使って引き出しを作りましたが、対面のコンロ下はそのまま。
父ちゃん再び大工さんに取り組みました。
棚板になっていた板をばらして引き出しの表面に加工。
取っ手は、対面のものと同じものをつけました。
なんと、隠し引き出しも。
システムキッチンには負けないぞ。

Simg_0530 Simg_0533

| | コメント (0)