2012年10月28日 (日)

いっちゃんの合奏

いっちゃんたちの小学校の学習発表会。

4年生は合奏を披露しました。

曲目は「あとひとつ」です。

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

明日は運動会

明日は、いっちゃんの小学校の運動会。
いっちゃんの先生からお願いがありました。

「お父さん、運動会でお願いしたい役があるんですが。」
(先生の頼みとあっちゃ断れまい。)
「いっちゃんのお父さんじゃないと、ダメなんです。」
(ん? 何だろ。)
「チャンス走の泥棒役です。」

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

辻さんの講演会

あれから四ヶ月経った7月11日。
辻信一さんの講演が南会津町立田島小学校で開催されました。
辻さんにとっても、子どもたちへ向けてのメッセージは、事故後初めて(多分)。
重要な場になったのではないかと思います。

この日は、小学校四年から六年まで約160名、そして父兄、教職員が聴講しました。

長身で穏やかな辻さんが、子どもたちに向って語りかけました。

Sdscf2901

「今日の講演の題名は、僕が考えたんじゃないけど、これから見ていこうか。
『ポスト3.11を創る~ナマケモノ教授と考えるもう一つの未来』

ポストっていうのは判る?
ポストっていうのは、後っていうこと。
3.11の後っていうことなんだ。

3.11は判るよね。
3月11日。
大きな地震、そして原発事故がありました。
3.11は、日本にとって、世界にとって、もしかすると人類の歴史の中でも大きな事件となりました。

君たちは、ポスト3.11を生きて行かなくちゃならない。
それは、大きな問題を抱えている。
でもね、もしかするとそれは良い結果をもたらすかもしれない。
世界はもっとより良くなっていくかもしれないんだ。

ポスト3.11を創る。
僕たちは、すでに新しい時代の中にいる。
その新しい時代を創っていくのは、君たちです。

もう一つの未来。
これからの未来は、これまで考えていた未来とは、違うんじゃないかな?
福島県は、その最先端にいるんです。

それで、ナマケモノなんだけど、君たちナマケちゃいけないって言われているだろ。
本当にナマケちゃいけないんだろうか。
僕は、ナマケモノっていう生き物が大好きです。
尊敬さえしてます。
特にミツユビナマケモノ。
ミツユビナマケモノは、殆どの時間を木の上で、じっとして過ごしています。
食べ物は、何食べると思う?
葉っぱ。
動物の中で一番スローなんだ。
スローなのは、筋肉が少ないから。
筋肉が少ないと、エネルギーも少ししか要らない。
ちょっとだけ食べればいいんだ。

君たちの好きな動物は何?
チーターとかライオンとかかな?
彼らは、筋肉がたくさんあってすばやく動ける。
でも、その分、いっぱい食べなくちゃならないんだ。

エネルギーのもとは何かな?
そう食べ物。
食べ物のエネルギーは、何だろう?
やっぱり食べ物。

でも、もともとのエネルギーはどこから来ているんだろう?
それはね、太陽から来ているんだ。
光合成って習った?
植物は、太陽の光から、栄養を作り出すんだ。

ナマケモノは、ほんの少しのエネルギーで生きていけるように進化したんだ。

一方、人間。
人間は、全ての生物の中で一番エネルギーを使っている。
食べるだけじゃなく、石油・石炭・原子力。

日本人が一年間に使うエネルギーは、どれくらいか判るかな?
原発1基で100万キロワットだけど、原発何基分かな?
200基? 300基?
日本には、原発54基あるけど、正解は850基。
そんなに使っているんだ。

じゃあ、江戸時代-ほんの150年前なんだけど-は、どうだろう?
江戸時代は、ゼロだね。
電気なんて無かったしね。
江戸時代は、太陽のエネルギーだけで生きていたんだ。

ナマケモノは、とってもスロー。
トイレも一週間に一度だけ行きます。
木から降りて、しっぽで穴を掘ってトイレをするんだ。
そしてフンを葉っぱで隠したりしてね。

ナマケモノのようなスローな動物にとって木から降りるっていうころは、とっても危ないことです。
天敵に襲われるかもしれない。
何のためにそんな危ないことするのか?
実は、ジャングルというところは、フンでもなんでもすぐに分解されてしまって、土に栄養が殆どありません。
ナマケモノは、自分の木に栄養を与えていたんです。
自分を育てている木を、育てていたんです。

みんなの中にも農家の子がいると思うけど、農家もそうだね。
農家も自分を育てている食べ物を育てています。

自分だけ食べていたらどうなるかな。
森がどんどん貧しいところになっていきます。

そんなナマケモノたちを守ろうと思って、森を守る活動を始めました。
それがナマケモノ倶楽部。
君たちも良かったら、入ってください。
そんな活動をやっているから、僕はナマケモノ教授って呼ばれているんだ。

さて、もう一つの未来を考える上で、一つの国を紹介しましょう。
ブータンって知ってる?
ああ、知っている子がいっぱいいるね。
じゃあ、行ったことある人。
これは、いないね。

ブータンは、インドと中国にはさまれた小さな国です。
会津みたいに山がいっぱいのところ。
ヒマラヤ山脈の麓にあって、1000~3500mの高原地帯です。

ここの王様が、「GHPよりGNHが大切だ」って言ったんだ。
GNPっていうのは、国民総生産といって、豊かさの指標に使われている。
物を売ったり買ったりしたお金を合わせた額。
お金がどれだけ使われているかっていうこと。
日本は、GNPが世界で3位です。
1位はアメリカ、2位は中国。

GNHは、GNPをもじっているんだけど、Hって何だろう?
Happy?
そう、正解。
Happiness-幸福のこと。

国民総幸福。
どれだけ幸せかっていうこと。

国王がそれを言ったのは1970年代。
GNPでいうとね、ブータンは一番下のグループだよ。
使っているエネルギーもちょっとでね、水力発電などで賄っている。

これは、直売所の写真。
田島にもあるかな?

ブータンにも、こんな都市ができました。
都市ができると、ゴミの問題がでてきます。
今までは、ゴミなんて殆ど無かったんだけど。

人類が出すゴミで一番やっかいなのが原発から出るゴミ。
誰もどうしたらいいか判らないんだ。
危険なゴミがこの先何万年も残り続ける。

これは、お祭り。
田島でももうすぐお祭りがあるって聞いたけど、ブータンでも一年に一度大きなお祭りがあります。
みんな、一番良い服で着飾ります。

これは、祈祷旗。
ブータンは、仏教国でお祈りをよくします。
お祈りには、人を幸せにする力があります。
人に思いをはせるっていうことは、自分も幸せになる。
この祈祷旗はね、風が吹く度にお祈りをしてくれる。
お祈りを世界中に飛ばしているんだ。

ブータンでは、齢をとると一日お祈りをして暮らす。
このおばあさんたちも幸せそう。

ナマケモノに学ぶ。
ブータンに学ぶ。
エネルギーをたくさん使わない生き方。
自然を大切にする生き方。

あれも欲しい、これも欲しいってやっていると壁にぶつかります。
モノを買うと、不思議に買ったとたんに要らなくなる。
次から次へと欲しいものがでてくる。
それは足し算の生き方で、決して満足することがない。

じゃあ、引き算の生き方を考えてみよう。
あんなもの、こんなものがある。
あるもの探しをしてみよう。
身の回りにあるものだ。
美しい風景や家族、友達。
持っているものを長く大事に使うこと。

南会津は、君たちのふるさとだけど、この場所の良さを知ってほしい。
そして誇りにしてほしい。

僕たちの世代は、君たちにこの世界を汚して渡してしまった。
残念でしょうがない。

君たちは、君たちの子どもにこの世界をもっと良くして渡してほしい。
僕も、それをお手伝いしていきたい。」

みんなの拍手を受けて講演は終了しました。
子どもたちにどこまで伝わったかは判りませんが、大変心に残るメッセージが発せられました。

| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

見たこと・かんじたこと

いっちゃんたち2年生の学年通信に、子どもたちの書いた詩「見たこと・かんじたこと」が掲載されていました。
面白いので、いくつか掲載します。

ダンボール  I君

ちゃいろのはこ
切って
なにでも
つかえそう。

ボール  S君

ポンポンはねて
いろいろ色があるよ。
名前も
いろいろありますよ。

じてん車  Mさん

いつでもビュンビュン走ってる。
元気にビュンビュン走ってる。
風がとっても気持ちいいな。

さる  W君

人をおそうどうぶつです。

雲  Oさん

青い空
雲はどこにいったかな。
わからない。

さくら  いっちゃん

どこでもいるおしゃれさん。
四つのきものをもってます。
春にはピンク。
夏にはみどり、
秋にはちゃ色、
冬には白。

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

訂正

先日のブログで紹介した子ども歌舞伎。

演目は、「蜘蛛糸鴫山騒動 チビッ子ぐもの闘い」でした。訂正します。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

鴫山城蜘蛛騒動

日曜日、しょうへいといっちゃんの通う小学校の学習発表会。
しょうへいたち六年生は、調べ物学習の発表。
しょうへいたちは、鴫山城について調べました。

いっちゃんたち二年生は、手作りおもちゃのゲームコーナー。
ぶんぶんごまや、ボーリングなど。
いっちゃんは、魚釣りコーナーにいました。

さて、教室での発表のほか、体育館のステージで発表する学年もあります。
今年のトリを努めたのは、三年生。
祇園祭をはじめ、田島は子ども歌舞伎の盛んな地域ですが、三年生はその伝統行事にみんなで取り組みました。
その成果が発表されました。

演題は「鴫山城蜘蛛騒動」。創作歌舞伎です。
(多分。チラシなくしたので記憶にたよってます。)
鴫山城の姫の命を狙う悪者。
その悪者に兄妹を殺されたクモの子どもたちが、仇討ちを誓います。
そして、姫の前に姿を現した悪者の前に立ちはだかるクモの子たち。

クライマックスは動画でどうぞ。(ちょっと長いけど)

| | コメント (2)

2010年6月11日 (金)

ちょっと怖い調べ物学習

家の近くに通称三角公園という小さな公園があります。
ブランコや鉄棒などわずかな遊具がある小さな公園。

さて、小学3年生に、身近にある不思議に思ったことを調べてみよう、という課題が出されました。
ある子が調べた課題は、
三角公園のブランコが、風も無いのに時々揺れているのは何故か?

ブランコが揺れている時に、その子は写真を撮ってみました。
その写真には子どもの影が写っていたそうです。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

保護者の集い

父ちゃんです。

土曜日、小学校のPTA主催による「保護者の集い」が開催されました。
これは、体育館で行う、各学年の父兄対抗のミニ運動会。
いつもは応援される側の子どもたちが応援にまわります。

さて、父ちゃんは、いっちゃんがいる1年の学年委員。
父兄を集めるのに一苦労しました。
その甲斐あって、半分以上の父兄が参加、「集い」は、大いに盛り上がりました。
その結果は、と言うと。
1年生は最下位。
まあ、初めて参加しての結果だから仕方がない。
これを機に、保護者間の連携を深めて行こう。

そして「集い」が終わり、夕刻からは「懇親会」。
これも大いに盛り上がり、二次会へ。
二次会以降は、各学年入り乱れて、田島の夜を賑わしました。
田島の夜は長かった。

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

トレイン&バイク

父ちゃんです。

しょうへいたちの小学校では、トレイン&バイクという行事があります。
自転車でサイクリングした後、帰りは電車で帰ってくるというイベント。
父ちゃんも参加してきました。

うちの自転車は、3段変速のママチャリなので、ちょっと心許ない。
自転車をレンタルすることに。
21段変速のマウンテンバイクです。

朝、小学校を一斉にスタート。
班毎にまとまって自転車を漕ぎます。
車通りの多い道を避け、ひたすら裏道。
住宅街を抜け、川を横切り、田んぼの中を走ります。
21段変速は、楽だなあ。

S200810030010

最初のチェックポイントは、田島二小。
ここでトイレ休憩。
すぐ隣にリンゴ園があり、ここでリンゴ狩り。
みんな、丸ごとリンゴを食べたり、おみやげに持ち帰ったり。

リンゴ園を出発した後、田んぼの中の道を走ります。
舗装道路が無くなって、砂利道へ突入。
一体、どこに行くんだ?
田んぼが終わって、山の中の道へ。
がたぼこ道なので、走りづらい。
ああ、マウンテンバイクで良かった。

急な下りが現れたので、自転車を降りて、下りました。
坂道を下っていくと、大きな川が現れました。
なんと、この川を渡るという。
一体、どうするんだ、と思いましたが、砂防堰堤の上を渡りました。
みんな、川に落ちないように慎重に渡ります。
堰堤の天端に水が少し流れていて、靴が濡れる子も。

S200810030013

川を渡ると、下郷町養鱒公園。
ここでしばらく休憩。
ニジマスを眺めて楽しみました。

養鱒公園を発って、田んぼ道を走っているときに事件発生。
女の子の一人が飛んできたハチに刺された模様。
大事には至らなかったものの、病院に運ばれ、その子はそこで中止を余儀なくされました。
頑張っていたのに、残念。

大川ふるさと公園で昼食。
芝の土手をシートで滑ったり、転がったり、泥んこになる子続出。

ここから、登り下りを繰り返して、搭のへつりへ。
自転車で行く道のゴールです。
ここまでの間、遅れ気味になる子もいましたが、みんな頑張りました。
しょうへいは、足が痛いと言っていました。
父ちゃんは、アキレス腱の痛みを抱えているものの、自転車も良かったので平気。
お母さんたちは、疲れたようです。

帰り道は、搭のへつり駅から会津鉄道に乗ります。
トレイン&バイクのための臨時便。
トロッコ列車に自転車を満載。
どうやって、自転車を積むのか不思議でしたが、写真のとおりです。

S200810030026

会津田島駅に到着したあと、みんな解散しました。

その夜、打ち上げの席でトレイン&バイクのスタッフであるグリーンストックのメンバーに訊きました。
グリーンストックは、もともと地域づくりのために立ち上げられた団体。
その中で、会津鉄道の活用ということで始まった行事のようです。
今では、グリーンストックのメイン行事。
小学校では、4~6年生がやっていましたが、今年から、5・6年生は忙しいという理由で無くなり、4年生だけに。
実に良い行事なので、もっとやって欲しいなあ。

| | コメント (2)

2007年6月13日 (水)

熊が出た

父ちゃんです。

本日、しょうへいの通う小学校の校庭に熊が出たそうです。
周囲を山に囲まれているとは言え・・・。

当分の間、熊がいなくなったのが確認されるまで、校庭は使えないとのこと。
とんだ騒動になったものだ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧