2016年2月14日 (日)

父ちゃんのパンその4

父ちゃんのパンづくりは続いています。
今日はクルミのリュスティック。
段取りもうまくなって、お昼に間に合いました。

Simg_2250 Simg_2251 Simg_2255

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

父ちゃんのパンその3

父ちゃんのパンづくり第3弾。
リュステッィクです。
(フランスパンの原型と言われ、「素朴」といった意味合いがあるそうです。)
とてもおいしかったです。

Simg_2234 Simg_2235Simg_2236

| | コメント (0)

2016年2月 7日 (日)

プチパン

父ちゃんのパンづくり第二弾。
今日はプチパンです。

Simg_2217 Simg_2222

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

ひよこパン

いっちゃんの中学校の授業参観に出席するため、仕事を休んだ父ちゃん。
午前中暇だったのでパンづくり。
ひよこパンです。
いっちゃんにも大うけ。
おいしくいただきました。

Simg_2156Simg_2160

| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

木のコンポスト

夏です。
生ごみがものすごい臭いになるこの季節。
有効活用したい。

一方、うちの庭は除染により表土が剥がれており、痩せた土。
じゃあ、コンポストだ!

端材でコンポストを作り庭に設置しました。
いずれ腐るでしょうが、少しでも保たせるように、蜜蝋ワックス仕上げです。

Simg_0809 Simg_0811 Simg_0813

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

FBとブログ

父ちゃん、フェイスブック(FB)もやっています。
これはこれで面白いツール。
でも、ブログとの使い分けは、どうしたらいいのかな。
しばらく悩んでいましたが、
まとまった文章はブログ、「聞いて聞いてー」っていうような話題はFBに書き込むことにしました。

でも、週に1~2回しかネットにつながない人間にとっては、FBはしんどいなあ。
ブログをメインにしようかな、と思っている今日この頃です。
基本、親ばかブログなので、備忘録として他人の反応を気にせずに綴っていこうと思います。

| | コメント (0)

2014年11月29日 (土)

植木鉢ヒーターその2

さて、前回失敗した植木鉢ヒーター。
失敗の概要は、いきなりロウソクが全体的に一斉に黒煙を上げて燃え始めたことです。
通常は、芯からしか炎は上がらず、黒煙も出しませんが、このときは全体が溶けてロウの蒸気が立ち上ったのだと思います。
原因は、熱がこもったことでしょう。

ということで挽回すべく、再度実験を行いました。

Simg_0465 Simg_0435

使用したのは、レンガ。
前回は、ロウソクを置く場所にお菓子の箱を使いました。
今回は、植木鉢との距離を離し、一方向を開放にして、熱がこもらないようにしました。

Simg_0453

無事、何事もなく燃え尽きました。
実用化の目途が立ったかな。

Simg_0438

併せて、小さいヒーターも試みようと、ロウソク1つのものを試してみました。
植木鉢は一つです。
うん、なかなか良いんじゃない。

今日は、気温も高く、大きな部屋で試したので暖房の効果は判りません。
ですが、手をかざすと、ほんのりとした温かさが感じられました。

Simg_0464

ロウソクは2時間40分燃えて消えました。
鉢をひっくり返しても煤はついていません。
よし! 実験成功。
次は寒い日に小さな部屋での暖房実験をしたいと思います。

| | コメント (0)

2014年11月19日 (水)

植木鉢ヒーター

「植木鉢で作れるDIYヒーター」
http://commonpost.info/?p=80658
ヨット乗りのデュラン・ウィンターさんは、パン皿、2つの植木鉢、ティーライトキャンドルを使って簡易ヒーターを作りました。

科学的原理に裏打ちされたこのヒーターは、1日の燃費はたった13円で8時間部屋を暖めることができ、制作費は1600円だといいます。
(以上、ネットより拾った記事。)

おお、これは面白い。
早速作って試してみました。

Simg_0416

用意したもの。
植木鉢2つ、金網、お菓子の空箱(金属)、ロウソク、アルミホイル。

このうち、買ったのはロウソクのみ。
48個入りで299円です。
今回はそのうち4個使いました。

Simg_0421 Simg_0419
Simg_0420

金属の箱の中にロウソク4個セット、火を点けます。
金網をその上にセット(植木鉢が落ちないように)、小さい植木鉢をセット、上の穴をアルミホイルで塞ぎます。
そして大きい植木鉢をセット。
これで出来上がり。あっけないほど簡単です。

Simg_0424

さて、これを我が家で一番寒い和室(8畳間)に置きました。
そのまま置くのは怖いので、コンクリートブロックの上に置きます。

実験開始。
気温は11.5℃。
25分経過。
気温は11.5℃。
って変わらんじゃないか。うーん、もうちょっと待ってみるか。
ちなみに部屋の明かりを消すと、ロウソクの明かりが洩れて、とてもきれい。

Simg_0427

1時間経過。
気温12℃。ちょっと上がったかな。
植木鉢に手をかざすとほんのり温かい。
上の穴からはとても熱い空気が上っています。
火鉢みたいな感覚で使うのが良いかも。
でも、部屋の中がロウくさい。

さて、問題はこの後、起こりました。

1時間20分経過。
ポコポコと音がして、黒煙が急に立ち上り始めました。
なんだなんだ。
見ると、ロウソク全体が燃えています。
おそらく熱気でロウが全部溶けて蒸発を始め、芯を介さずに直接燃えているのでしょう。
不完全燃焼の嫌な臭い。
慌てて火を消しました。
すると、今度はロウの蒸気が冷えた白い煙。
部屋中が強烈にロウ臭くなりました。
窓という窓を開けて換気。
暖房した意味ないじゃん。

Simg_0431

という訳で、実験は失敗に終わりました。
ネットを見ても、同様の報告はなされていないので、他の方はうまくいっているのかもしれません。
そのうち条件を変えてやってみたいと思いますが、1回だけやっての感想。

小さな部屋の暖房じゃないと使えない。
手をあっためる程度の火鉢的利用には有効かも。
ロウソクのロウが溶けて全体が燃え始めないように、何か工夫が必要。
(ロウソクと植木鉢の距離を離すと良いかなあ?)

| | コメント (0)

2014年8月10日 (日)

家族総出のワックスがけ

久々に家族4人とも完全オフ。
さて、何しよう?
父ちゃん「よし、みんなでワックスがけだ!」
「えー・・・。」

みんな不満そうですが、問答無用。
わが家は、一部屋以外は全部スギ板のフローリング。
面積が半端ない。

みつろうワックスでゴシゴシ。
家族4人で2時間半かかりました。

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

歩いて峠越え

さいたま市と南会津町の交流イベント「ツーデーマーチ」に、いっちゃんと参加。
舘岩のしらかば公園(湯ノ花温泉の奥)から唐沢峠を越えて、さいたま市自然の家(木賊温泉近く)まで歩きました。
車では何度か通ったことのある道ですが、歩いたのは初めて。
山の中の道、歩くと新鮮。
秋を満喫しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧