2023年1月30日 (月)

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター

監督/ジェームズ・キャメロン
2022/米

大ヒット映画「アバター」の続編。
162分の長尺です。
圧倒的な映像美で、CGによる別世界を見せてくれた前作同様、
今回も海を舞台にとても美しい映像を見せてくれて、長尺だけど飽きさせません。

でも、このもの足りなさはなんだろう。
映像はすごいけど、すごい映像に慣れちゃったかなあ。
ストーリーも薄いしなあ。
長尺にする意味あるかなあ。


| | コメント (0)

すずめの戸締まり

すずめの戸締まり

原作・脚本・監督/新海誠
2022/日本

日本各地の廃墟を舞台に、
災いの元となる”扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描く現代の冒険物語。

見ていて辛くなる。
モチーフは、東日本大震災そのもの。
主人公すずめは、津波で母親を喪った。
戸締まりするために、東北に向かうけど、原発事故で廃墟になった街もでてくる。
アニメでこんなの見せなくても・・・。
と、見終わったあと思った。

けど、
しばらくして考え直した。
アニメの形を取ることで、多くの人に届くのでは。
特に若い世代には、もう東日本大震災なんて、遠い昔の話。
新海誠が、あえて描いた勇気に敬意を表したい。

| | コメント (0)

THE FIRST SLAM DUNK

THE FIRST SLAM DUNK

原作・脚本・監督/井上雄彦
2022/日本

文句なしの大傑作。
ヤバいっす。
見終わったあと、胸の震えがしばらく止まりませんでした。

原作は、バスケ漫画の金字塔。
漫画やテレビアニメをやっていた頃は、もう社会人だったので、それほどハマっていないのですが、それなりに内容は知ってます。
今回は、原作者による映画化。
連載当時の絵じゃなくて、今の井上雄彦の絵で表現されてます。
完成度が半端ない。
水彩タッチの色使い。
モーションキャプチャを利用したバスケシーンのリアルさ。
3D使っているけど、井上雄彦のペンのタッチを表現した作画。
これ、これ! みんな見たいのは井上雄彦の描く線なんだ!
そして、人物描写の繊細さ。

この映画以降は、アニメ映画の基準が変わるでしょう。


| | コメント (0)

2022年9月12日 (月)

トップガン マーヴェリック

トップガン マーヴェリック

監督/ジョセフ・コジンスキー
出演/トム・クルーズ/マイルズ・テラー/ジェニファー・コネリー
2022/米

36年ぶりにあの男が帰ってきた。
トム・クルーズの出世作となった「トップガン」。
教官となりトップガンに戻ってきた彼は、若い世代のパイロットたちと困難な任務に立ち向かっていく。

文句なしの傑作。
娯楽映画に徹していて、難しいことはなし。
前作を堪能したおっさん世代にとって、オープニングで戦闘機が飛ぶ中、ケニー・ロギンスの「デンジャーゾーン」が流れてくるだけでも感涙もの。
レイバンのサングラスをかけ、カワサキのバイクにまたがり疾走するトム・クルーズ。
そしてド迫力の戦闘機のシーン。
CGなしの実写というのがすごい。
この映像が、会津産のレンズで撮られているというのも誇らしい。

| | コメント (0)

さかなのこ

さかなのこ

監督/沖田修一
原作/さかなクン
出演/のん/柳楽優弥/夏帆/磯村勇斗/岡山天音/三宅弘城/井川遥
2022/日本

お魚大好きな子が、さかなクンになるまでの物語。
寝ても覚めてもお魚のことばかり。
他の子とは違うミー坊を母親は全肯定して、のびのびと成長していく。
高校生のミー坊は、不良たちに絡まれるもお魚大好きぶりを発揮し、みんなで魚釣りをするなど、周囲に愛されていく。

さかなクンの半生をのんが演じる。
これだけで、この映画はOKでしょう。
「普通って何? 分かんない。」
マイペースなミー坊に、自分は自分のままでいいんだと、勇気をもらえます。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

シンゴジラ再見

シン・ゴジラ

監督・特技監督/樋口真嗣
純監督・特技統括/尾上克郎
脚本・編集・総監督/庵野秀朗
出演/長谷川博己・竹野内豊・石原さとみ
日本/2016

ネット配信で再見しました。
ゴジラによって瓦礫と化した街並み。
右往左往する日本政府。
避難所。
これを機に影響力を強めようとする米国。
放射能汚染。

東日本大震災をリアルに思い出す場面満載。ちょっと観ていて辛い。
でも救いなのは、オールジャパンの力でゴジラを封じ込めること。
エンターテイメントの文脈を外さずに、日本をこれだけ描ききってすごいなぁ。
当時の日本って、どうだったの? と訊かれたとき、この映画を観ると分かるよ、と言える映画だと思う。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け
J・J・エイブラムス/監督・製作
デイジー・リドリー、アダム・ドライバー/出演
2019/米国

かつて小学生のとき見た「スターウォーズ」は衝撃だった。
宇宙空間をヒューンと飛んでいくレイア姫の宇宙船、
その後現れる大型宇宙船スターデストロイヤー、
画面の左上から現れ宇宙船の全容が見えるまで延々と前進を続ける映像に度肝を抜かれた。
こんな世界見たことない。
SF映画の絵を変えた決定的瞬間であった。

それから42年、
ついに最終回を迎えるスターウォーズシリーズ。
ずっと見続けてきた身としては、感慨深い。
エピソード7のJ・J監督は、昔のファンに気を遣いすぎている感じがして、
やや物足りなさを感じたが、
今回は完全に自分のものにしている気がした。
素晴らしい仕上がりである。

もう終わりかと思うと寂しいなあ。




| | コメント (0)

カツベン!

カツベン!

周防正行/監督
成田凌、黒島結菜、永瀬正敏/出演
2019/日本

かつての無声映画の時代、
日本では楽士たちの音楽に合わせ語りや説明を行った活動弁士(カツベン)たちが映画を彩った。

周防監督最新作の舞台は大正時代、
やがて職を失う活動弁士たちですが、カツベンたちが一番活躍した時代です。
個性豊かなカツベンたちが映画を生き生きと見せてくれます。
一般には知られていない世界を鮮やかに見せてくれる周防監督ですが、
カツベンたちが活躍する大正時代の映画の世界を見事に再現しました。
無声映画って、カツベンがいてこその映画なんだなあ。
日本ならではの映画の楽しみがあったようです。
繰り広げられるドタバタ劇や周防監督が撮り下ろした無声映画の数々、
かつての日本映画へのオマージュが感じられます。
また、映画館が火事になるところやフィルムをつなぎ合わせて上映するところなんかは、
「ニューシネマパラダイス」かなあ。

理屈抜きに楽しめる映画です。





| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

天気の子

天気の子

新海誠/監督・原作・脚本
醍醐虎汰朗、森七菜/出演
2019/日本

「君の名は。」で注目を浴びた新海誠監督の新作。
ボーイミーツガールをいかに大袈裟な仕掛けでやれるかが新海誠の真骨頂。
今回は異常気象で雨がやまない東京が舞台。
天気を操る特殊能力を持った女の子と家出少年が主人公。
天気を操ることには代償が伴って、さてどうする?

繊細で瑞々しい表現が10代の子には受けるんだろうな。
素直に受け取れなくなっている俺は、おじさんだなあ。

| | コメント (0)

ライオン・キング

ライオン・キング

ジョン・ファブロー/監督・脚本
2019/米国

ご存知、ディズニーのアニメ「ライオン・キング」が超実写版で蘇りました。
超実写って何?
CGによる実写を超えた迫力の映像。
ストーリーなどは、アニメ版そのもの。
リアルなライオンや動物たちが演技する姿は驚きである。
でも見た目実写そのものの動物が、
ちょっと擬人化された動きをするのは少し違和感があるなあ。


| | コメント (0)