2008年6月17日 (火)

おさんぽ

父ちゃんです。

父ちゃんの今年度2回目の子どもクラブは「おさんぽ」。
何のことはない。
みんなで学校の周りをお散歩しよう、というだけのプログラム。

今日集まったのは、2年生4人と1年生9人。
指導者は父ちゃん含め4人です。
2年生に班長になってもらって、4班つくりました。

みんなにビニール袋を1枚づつ渡して出発。
父ちゃんが先頭になって学校の周りを歩きました。
草むらで黄色い花やクローバーなど、気に入った花があれば摘んでいきます。
なんと一人大発見の子が・・・。
「みんな見てみてー。四つ葉のクローバー採った子がいるよー。」
みんなにわかにクローバー探しを始めました。

原っぱに着くと、小さなバッタがいたので、みんなでバッタ捕り。
チョウチョもいて捕まえようとしますが、なかなか捕まりません。
ヘビを見つけた子もいて、ヘビを追いかけます。
原っぱは興奮に満ちた世界。
指導者達もバッタ捕りを楽しみました。
「みんなー、ちゃんといるー? 班長さん確認してー。」
班長さん達は、みんなを呼び集めて確認します。
うーん、良い子たちだ。

気が付くと、原っぱで予定時間の殆どを使ってしまいました。
慌てて、校庭の隅っこを歩きながら帰り、最後は昇降口までかけっこ。
みんなニコニコで帰ってきました。

ささやかだけど楽しい自然体験。
おさんぽは、とても良いプログラムです。

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

二年生ももう大変!(子どもクラブのこと)

父ちゃんです。

父ちゃんも子どもクラブの講師をやってきました。
テーマは「小枝クラフト~表札をつくろう!」。
午後2時半から4時半までです。
それに合わせて、大まかなプログラムを作って準備万端。
しかし、そこに大きな盲点が・・・。

2時半、一年生が一斉にやってきます。
道具の使い方と今日作る表札の説明。
まずは個人の表札を作って、その後、部屋の名前を入れた大きな表札を作る予定。
台紙は段ボールをきれいな紙で包み、そこに小枝で文字をつけます。
文字にする小枝は剪定ばさみで切り、ナイフやヤスリで形を整えたりします。
それを木工用ボンドで貼り付け、台紙の余白が寂しかったら絵を描いたりして。
1年生は10人弱いましたが、何せ道具や工作に慣れていない新一年生、スタッフ5名は大わらわです。
でも、何とか順調に進んだかなと思った頃、午後3時半を迎えました。

午後3時半になると、今度は二年生がやってきました。
二年生は、昨年一度、小枝クラフトを体験しています。
その時は、自由に好きなものを作らせたので、今回は表札を作るよー、と言うと一斉にブーイング。
仕方なく、じゃ好きなもの作っていいよ、と言いました。
子どもクラブは、基本的に好きなことをやる場なのです。

道具の使い方も再度説明しますが、知ってるよ、という反応。
ここから二年生は、無法地帯と化しました。
なまじっか経験あるだけに、危ない使い方をします。
二年生の男の子が立て続けに3人怪我しました。

午後4時過ぎて、終わるよー、といってもなかなか止めようとしない二年生。
未完成作品を手に不満そう。
うーん、何か悪いことしたなー。
始まりの時間が違うというのは、すごくやりづらい。
プログラムを練り直さなくては。

ちなみに部屋に飾る大きな表札は、あとから来たしょうへいが15分くらいであっというまに作ってしまった。
なんのかんの言っても、工作には慣れているようである。

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

一年生はもう大変!(子どもクラブのこと)

かあちゃんです。

けほっ けほっ coldsweats01
のどが痛いです。
かぜじゃなくて、大声を出し続けているせいです、たぶん。

今週から、子どもクラブ(放課後子ども教室)が始まりました。
新入生を迎え、新しい活動の始まりです。
今日のプログラムは、いつも大人気の「おかしづくり」と「体育館あそび」をドッキングさせたもの。
予想通りの大盛況で、50名を超える子どもたちが参加しました。
スタッフ9名+学童保育の先生1名で対応。

私が主に担当したのは、体育館あそび(スタッフ2名+学童保育の先生1名)。
今日は、ボールとバドミントンと、長縄を用意しました。
人気集中は、バドミントンtennis
われも、われも、と、ラケットを持って、体育館に広がっていきます。
低学年の子どもたちには、道具を使うスポーツは、なかなか難しいようですね。
でも、ちょっとでもシャトルが飛ぶと、とっても嬉しそう。
「わー!惜しい!!」とか、「あたったねえ」とか、声をかけながら、相手をしているうちに、かあちゃんののどは、だんだんひりひりしてきました。

ボールは人気第2位。
今日のボールは柔らかい、少し大きめのもの。あたっても、痛くありません。
でも1年生の子どもたちは、まだ、だれかと投げ合ったり、あてっこしたり、しません。
それぞれが自分で持って、遊んでいます。
2年生になると、ドッチボールを始めるんだけど。
へ~、と思って見てました。
かあちゃんも、サッカーsoccerやろう!と2、3人の男の子を誘って、走り回りました。

1年生には、「かけっこrun」みたいなシンプルなこともおもしろく、体育館の縦に長いところを、みんなで、思いっきり走りました。

壁にぶつかって、おでこをぶつけて、「も~だめだ~sad」と隅っこで寝っ転がっている子、ほっぺにちゅーkissmarkしてくる子、なんでも自分のルールを主張する子、お友だちとぶつかって「○○ちゃんを痛くさせちゃった」といってsweat02泣いてしまう子、絶対に大人のいうことを聞かない子、お母さんのお迎えが5分くらい遅くなったらとっても心細くなって泣いちゃう子weep、トイレに行ってお友だちの靴shoeをはいてきちゃう子、おうちの電話番号telephoneをちゃんといえる子、いえない子…

みんなそれぞれで、おもしろいぞー!

そうそう。追伸です。
【いちねんせいのみんな&おうちのかたへ】 
  エプロン、三角巾、名札の安全ピンの付け方、取り外しは、おうちで練習してみてね。
  ちゃんとできるようになるからねhappy01

| | コメント (0)