« 2022年9月 | トップページ

2023年1月30日 (月)

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター

監督/ジェームズ・キャメロン
2022/米

大ヒット映画「アバター」の続編。
162分の長尺です。
圧倒的な映像美で、CGによる別世界を見せてくれた前作同様、
今回も海を舞台にとても美しい映像を見せてくれて、長尺だけど飽きさせません。

でも、このもの足りなさはなんだろう。
映像はすごいけど、すごい映像に慣れちゃったかなあ。
ストーリーも薄いしなあ。
長尺にする意味あるかなあ。


| | コメント (0)

すずめの戸締まり

すずめの戸締まり

原作・脚本・監督/新海誠
2022/日本

日本各地の廃墟を舞台に、
災いの元となる”扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描く現代の冒険物語。

見ていて辛くなる。
モチーフは、東日本大震災そのもの。
主人公すずめは、津波で母親を喪った。
戸締まりするために、東北に向かうけど、原発事故で廃墟になった街もでてくる。
アニメでこんなの見せなくても・・・。
と、見終わったあと思った。

けど、
しばらくして考え直した。
アニメの形を取ることで、多くの人に届くのでは。
特に若い世代には、もう東日本大震災なんて、遠い昔の話。
新海誠が、あえて描いた勇気に敬意を表したい。

| | コメント (0)

THE FIRST SLAM DUNK

THE FIRST SLAM DUNK

原作・脚本・監督/井上雄彦
2022/日本

文句なしの大傑作。
ヤバいっす。
見終わったあと、胸の震えがしばらく止まりませんでした。

原作は、バスケ漫画の金字塔。
漫画やテレビアニメをやっていた頃は、もう社会人だったので、それほどハマっていないのですが、それなりに内容は知ってます。
今回は、原作者による映画化。
連載当時の絵じゃなくて、今の井上雄彦の絵で表現されてます。
完成度が半端ない。
水彩タッチの色使い。
モーションキャプチャを利用したバスケシーンのリアルさ。
3D使っているけど、井上雄彦のペンのタッチを表現した作画。
これ、これ! みんな見たいのは井上雄彦の描く線なんだ!
そして、人物描写の繊細さ。

この映画以降は、アニメ映画の基準が変わるでしょう。


| | コメント (0)

« 2022年9月 | トップページ