« プーチンの野望 | トップページ | さかなのこ »

2022年8月13日 (土)

同士少女よ、敵を撃て

同士少女よ、敵を撃て
逢坂冬馬/著
早川書房/2021

独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。
急襲したドイツ軍によって、母親ほか村人たちが惨殺されたのだ。
自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。
「戦いたいか、死にたいか」そう問われたセラフィマは、イリーナが教官を務める訓練学校で一流の狙撃兵になることを決意する。

ソ連では多くの女性兵士たちが活躍した。
物語自体はフィクションだが、史実に基づく設定になっている。
狙撃兵になった少女が、何を喪い何を得ていくのか。
そして真の敵とは?

戦争の不条理さを描く本作。
折しもロシアとウクライナが戦争を行っている。
人生を翻弄されられた人々が大勢いる。
セラフィマたちが身近に感じられるようになると、双方の戦う人々を思いつらくなってくる。
一刻も早く平穏が戻ることを祈る。

|

« プーチンの野望 | トップページ | さかなのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プーチンの野望 | トップページ | さかなのこ »