« 余白の春 | トップページ | 物語 ウクライナの歴史 »

2022年8月13日 (土)

両手にトカレフ

両手にトカレフ
ブレイディみかこ/著
ポプラ社/2022

「ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー」のブレイディみかこによる初の小説。
「ぼくイエ」では、描けなかった女の子たちが主人公ミアに投影されている。
ドラッグに溺れるシングルマザーの貧困家庭で生活する女子中学生ミア。幼い弟を育てるヤングケアラーでもある。
いろんな問題がうずまく中で生活し、周りに心を閉ざしているミアだが、ふとしたことで金子文子の自伝を手にする。
過酷な境遇に育つ異国の100年前の少女の姿に自分を重ね合わせる。
中学生の同級生たちや集合住宅の隣人たち、ソーシャルたちの関わりの中で事態が大きく動いていく。

ミアとフミコ、懸命に生きる二人の少女がたまらなく愛おしい。

|

« 余白の春 | トップページ | 物語 ウクライナの歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 余白の春 | トップページ | 物語 ウクライナの歴史 »