« 両手にトカレフ | トップページ | プーチンの野望 »

2022年8月13日 (土)

物語 ウクライナの歴史

物語 ウクライナの歴史
黒川祐次/著
中公新書/2002

1991年、ウクライナが独立宣言を行い、ソ連邦が消滅した。
ヨーロッパに突然大国が出現した。

ロシアによるウクライナ侵攻。
21世紀にこんなことがあっても良いのかという驚きとともに、ウクライナについて何も知らないなと思い、本書を手にした。

肥沃な大地を有するウクライナは、一時的な独立はあるものの常にロシアやポーランドなどの周辺諸国の支配を受けていた。
それでも独自の文化を失わず、各界に多くの人材を輩出し、不屈の精神をもって独立を果たしたウクライナ。

苦難の歴史を経て独立したウクライナがその国土を維持できることを祈る。

|

« 両手にトカレフ | トップページ | プーチンの野望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 両手にトカレフ | トップページ | プーチンの野望 »