« JR上野駅公園口 | トップページ | 余白の春 »

2021年9月14日 (火)

三体

三体

劉慈欣/

早川書房/2019


ヒューゴー賞受賞で話題の中国の本格SF

異星人の侵略ものだけど、滅法面白い。

物語は、文革の中国、物理学者が処刑されるところから始める。

よく書けたなあ。

異星人に協力する勢力と対抗する勢力。

ゲーム「三体」。

主人公たちが、徐々に追い詰められていく中で、意外なラスト。

最近のSFが狭いところに入り込んでいるのを払拭するスケールとエンタメ性。

いやあ、大傑作!

|

« JR上野駅公園口 | トップページ | 余白の春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JR上野駅公園口 | トップページ | 余白の春 »