« 2020年7月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年10月10日 (土)

ホモ・デウス

ホモ・デウス(上・下)
テクノロジーとサピエンスの未来

ユヴァル・ノア・ハラリ/著
柴田裕之/訳
河出書房新社/2018

人類の未来について考察した本。
ホモデウスもデータ至上主義も嫌だなぁ。
でも、現状はそっちに向かっているように見える。
非効率でも人間至上主義の世界で死にたい。

| | コメント (0)

非常時のことば 震災の後で

非常時のことば 震災の後で

高橋源一郎/著
朝日新聞出版/2012

著者が雑誌で連載していた文章教室を取りまとめた本。
「あの日」以降、明らかに文章が変わったと言う。
何が変わったのか?
みんな、心の内に死者を抱えるようになった。
そんな時に相手に届くことばは、大きな声でなく、小さな声。

「あの日」から9年経った。
復興のスピードは様々。
大きな声にのまれがちになるけど、小さな声に耳を傾けることを忘れずにいきたい。

| | コメント (0)

弱さの思想 たそがれを抱きしめる

弱さの思想 たそがれを抱きしめる

高橋源一郎+辻信一/著
大月書店/2014

雑の思想より、前に刊行された本。
人類は、強さを求めて発展してきたけど、その過程で多くを切り捨ててきた。
障がい者、女子供、高齢者、過疎地、引きこもりetc...
でも、ちょっと弱さに寄り添ってみると、そこには実に豊かな世界が広がっている。
強さを求める世界が制度疲労を起こしている現在、弱さを見つめ直すのは如何?

 

| | コメント (0)

シンゴジラ再見

シン・ゴジラ

監督・特技監督/樋口真嗣
純監督・特技統括/尾上克郎
脚本・編集・総監督/庵野秀朗
出演/長谷川博己・竹野内豊・石原さとみ
日本/2016

ネット配信で再見しました。
ゴジラによって瓦礫と化した街並み。
右往左往する日本政府。
避難所。
これを機に影響力を強めようとする米国。
放射能汚染。

東日本大震災をリアルに思い出す場面満載。ちょっと観ていて辛い。
でも救いなのは、オールジャパンの力でゴジラを封じ込めること。
エンターテイメントの文脈を外さずに、日本をこれだけ描ききってすごいなぁ。
当時の日本って、どうだったの? と訊かれたとき、この映画を観ると分かるよ、と言える映画だと思う。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2021年1月 »