« 2019年11月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年1月24日 (金)

「ふつうの子」なんて、どこにもいない

「ふつうの子」なんて、どこにもいない

木村泰子/著
家の光協会/2019

本書を読んで大きな驚きを深い感動を覚えた。
公立小学校でこんなことができるのか。
著者は大阪市立大空小学校の初代校長。
他の学校では、特別支援の対象となる子どもたちや問題児も一緒に学んでいる。
当然、様々な問題が起こるが先生や子どもたち、そして多くのサポーターたち、みんなでその問題に取り組む。

最近、ダイバーシティ(多様性)だ、国際社会に対応する人材だ、などと叫ばれているけど、
それとは裏腹に、相変わらず日本社会は同調圧力が強く、一定範囲から飛び出た人間を排除する傾向がある。
その歪みが最も顕著に不幸な形で出たのが、やまゆり園の悲劇であろう。

大空小学校の取組みは、日本社会への異議申し立てである。
ぜひ、全国に広がってほしい。

見てないけど、大空小学校の一年を追った
映画「みんなの学校」のリンクはこちら。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

その落語家、住所不定。

その落語家、住所不定。
タンスはアマゾン、家のない生き方

立川こしら/著
2019/光文社新書

昨年11月、
南会津町のジーママで、
落語立川流真打・立川こしら師匠のトークショーがあった。
既成概念をことこごくぶち壊し、
爆笑のうちに新しい生き方を提示するこしら師匠の話に
目からうろこが何枚も落ちた。

著者は家がない。
日本各地はおろか世界中を飛び回る旅の生活ゆえ、
定住する家を捨てたのである。
何かを捨てると何かを得る。
ポケモンGOで海外のポケモンを得たいがために訪れたオーストラリアで落語会を開催し、
以後、毎年呼ばれるようになったり、
様々な家やホテルを泊まり歩いて、いろんなハプニングに会ったり、
ニューヨークの日本語学校で講師をするようになったり、・・・。

必要最小限のものしか持たないため、いろんな工夫も生まれる。
アマゾンをタンス代わりに活用したり。
ITも駆使しまくる。
最近はこしらポイントという仮想通貨もやっているらしい。

著者のチャレンジングな生き方に感銘を受けた。
そのまま真似をすることはできないけど、心は自由になった気がする。

| | コメント (0)

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け
J・J・エイブラムス/監督・製作
デイジー・リドリー、アダム・ドライバー/出演
2019/米国

かつて小学生のとき見た「スターウォーズ」は衝撃だった。
宇宙空間をヒューンと飛んでいくレイア姫の宇宙船、
その後現れる大型宇宙船スターデストロイヤー、
画面の左上から現れ宇宙船の全容が見えるまで延々と前進を続ける映像に度肝を抜かれた。
こんな世界見たことない。
SF映画の絵を変えた決定的瞬間であった。

それから42年、
ついに最終回を迎えるスターウォーズシリーズ。
ずっと見続けてきた身としては、感慨深い。
エピソード7のJ・J監督は、昔のファンに気を遣いすぎている感じがして、
やや物足りなさを感じたが、
今回は完全に自分のものにしている気がした。
素晴らしい仕上がりである。

もう終わりかと思うと寂しいなあ。




| | コメント (0)

カツベン!

カツベン!

周防正行/監督
成田凌、黒島結菜、永瀬正敏/出演
2019/日本

かつての無声映画の時代、
日本では楽士たちの音楽に合わせ語りや説明を行った活動弁士(カツベン)たちが映画を彩った。

周防監督最新作の舞台は大正時代、
やがて職を失う活動弁士たちですが、カツベンたちが一番活躍した時代です。
個性豊かなカツベンたちが映画を生き生きと見せてくれます。
一般には知られていない世界を鮮やかに見せてくれる周防監督ですが、
カツベンたちが活躍する大正時代の映画の世界を見事に再現しました。
無声映画って、カツベンがいてこその映画なんだなあ。
日本ならではの映画の楽しみがあったようです。
繰り広げられるドタバタ劇や周防監督が撮り下ろした無声映画の数々、
かつての日本映画へのオマージュが感じられます。
また、映画館が火事になるところやフィルムをつなぎ合わせて上映するところなんかは、
「ニューシネマパラダイス」かなあ。

理屈抜きに楽しめる映画です。





| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年7月 »