« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月 2日 (土)

糖質制限の真実

糖質制限の真実
日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて

山田悟/著
幻冬舎新書/2015

糖尿病専門医の著者が最新の医学研究の成果から提唱する、緩やかな糖質制限食「ロカボ」のすすめ。

最近、糖質制限の本がいっぱい出ていて何冊か読んだけど、極端に走っている印象があった。
そんな中、この本は専門医が書いていることもあって、信頼がおける印象を受ける。

日本人の三大死因(ガン、心臓病、脳卒中)の根っこに血糖異常があり、それは生活習慣によって引き起こされます。
血糖異常者は、実に日本人の6人に1人の割合だそうです。
従来、糖尿病患者などに指導されていたのはカロリー制限。
しかし、最新の栄養学によるとカロリー制限は意味がなく、血糖値異常を防ぐのに有効なのは、糖質のコントロールのみ。
これにより糖質制限食が登場するのですが、極端な糖質制限は危険性が伴うというのが著者のスタンス。
そこで提唱するのがロカボ(ローカーボ ハイドレート)食である。

これは、糖質を一食20~40グラム、間食一日10グラム、トータル一日の糖質摂取量70~130グラムにしましょう、というもの。
普通の糖質制限と違うのは、下限を設けることで、極端な低糖質状態になることを避けていること。
この量は、ご飯半膳(70グラム)くらいだそうです。
糖質だけ気をつければ、肉・魚・野菜は好きなだけOK。
試す価値はあるかも。

なお、本筋の話では無いですが大変参考になった話題を一つ。
巷に溢れる情報の見極め方。
それは、エビデンス(科学的根拠)とそのレベルを確認すること。

エビデンスレベル1が無作為比較試験。
研究対象者を2つのグループに分け、同じ条件の下、異なる治療法を行い、その効果を検証したもの。
エビデンスレベル2が観察研究。
病気を発症する原因に近づいた集団と近づいていない集団を追跡し、発症率を比較するもの。
エビデンスレベル3が症例対照研究。
「ある患者にはこういう現象がありました。その現象は健康な人とはこういう点で違います」という比較研究。
原因と発症の因果関係まではつかめない。
エビデンスレベル4が症例報告。
「臨床現場でこんな症例がありましたよ」という単純報告。
その下のレベルのものとして、
専門家の意見、コンセンサス、動物実験、細胞実験など。

本を読むときに、その本はどのレベルか、それに対する反論はどのレベルからなされているか。
医学に関わる本のみならず、いろんな所に使えそう。
新しい物差しを手に入れた気分である。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »