« 2015年7月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年9月27日 (日)

全日本合唱コンクール東北支部大会

しょうへいといっちゃんが参加した全日本合唱コンクール東北支部大会。
父ちゃんと母ちゃんも応援に行きました。
秋田で行われた大会、金曜日には高校の部、土曜日には中学の部です。
子どもたちは2泊ですが、父ちゃんと母ちゃんは1泊で応援。
結果は、
しょうへいたちは銀賞、
いっちゃんたちは金賞、しかも全国大会出場です!
おめでとう。
しょうへいもいっちゃんも頑張りました。

(福島民報 H27.9.27より)
県勢7校が全国へ 全日本合唱東北大会中学校部門
第67回全日本合唱コンクール東北支部大会2日目は26日、秋田市の秋田県民会館で中学校部門を行った。本県勢は同声の部の郡山五女声、若松四、郡山七、混声の部の郡山五、郡山二、若松二、一箕(会津若松市)の計7団体が金賞に輝くとともに全国大会出場を決めた。東北支部の8つの全国出場枠のうち7つを県勢が占め、演奏水準の高さをあらためて示した。
総合順位は1位が郡山五女声、2位が郡山五混声、3位が郡山二、4位が若松四、5位が郡山七、6位が若松二、8位が一箕だった。
郡山五女声は6年連続6度目、郡山五混声は4年連続4度目、郡山二は13年連続15度目、若松四は4年連続6度目、郡山七は4年ぶり3度目、若松二は11年ぶり4度目、一箕は2年連続9度目の全国大会出場となる。郡山五女声の荒川栞副部長(3年)は「集大成として納得のいく演奏をしたい」、郡山五混声の甲斐大河副部長(同)は「支えてくれた人への感謝の気持ちを持って臨みたい」と抱負を語った。
混声の部で須賀川二が金賞を獲得したが、全国大会出場は逃した。本県代表以外は仙台二華が全国大会に進む。
全日本合唱連盟東北支部などの主催。県勢22団体を含む48団体が技術や表現力を競った。中学校部門の全国大会は10月25日、さいたま市で開かれる。
金賞以外の県勢の成績は次の通り。
◇同声▽銀賞=郡山三、二本松一、仁井田(須賀川)▽銅賞=平一(いわき)信夫(福島)福島一▽優良賞=草野(いわき)郡山一
◇混声▽銀賞=白河中央、郡山六▽銅賞=常葉(田村)行健(郡山)安積(同)▽優良賞=若松三

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年12月 »