« 投資家が「お金」よりも大切にしていること | トップページ | 石板の乱貼り(庭造りその5) »

2014年10月21日 (火)

炉台づくり(その1)

我が家には、いずれ暖炉となるスペースがあります。
早くここに薪ストーブを設置したいなあ。

Simg_0274

今回の庭造りで、砂、砂利、石板、セメントがあって、処理しなくちゃならない。
これは、炉台を設置しなくては。
炉台となるスペースは、基礎から直接土台のコンクリートが立ち上がっていて、床板が張られていません。
ずっと段ボールで塞いでいましたが、今こそ炉台を。
でも、どんな風に施工すれば良いのかな。
こんな時、頼りになる強い味方が。
春光園のK君です。
エクステリアのお店プレオにK君を訪ね、相談しました。
周りをレンガ積みにすることに。
「レンガ持って行って良いですよ。」
庭造りを施工するときに、部材は必ず少し多めに頼むので、余ったものがあるそうである。
ありがとう! K君。

炉台スペースは、カーブの部分もあるので、レンガを割らなくてはなりません。
レンガを割るには、レンガの周囲を回しながら溝を掘る感じでカンカンとタガネを当てていきます。

Simg_0292 Simg_0293
Simg_0295 Simg_0299

1個目。失敗。
きれいには割れませんでした。
亀裂が入っていたのかなあ。
2個目。うまく割れました。

5つのレンガを割りましたが、なかなか大変な作業でした。
じゃあ、仮置きしてみよう。

Simg_0307

おお! いい感じ。
この後、モルタルで固定するのですが、今日はここまで。

|

« 投資家が「お金」よりも大切にしていること | トップページ | 石板の乱貼り(庭造りその5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投資家が「お金」よりも大切にしていること | トップページ | 石板の乱貼り(庭造りその5) »