« 庭木の剪定 | トップページ | 歩いて峠越え »

2013年9月24日 (火)

オフグリッドセミナー

満月の夜、須賀川市にある自然食レストラン「銀河のほとり」で行われた
「誰でもできる独立型太陽光発電のすすめ~オフグリッドソーラーの楽しみ方講座」
に参加してきました。

講師は、独立型太陽光発電インストラクターの早川寿保さん。
北海道を拠点にあちこち飛び回っています。

興味はあったけど、高額でなかなか手が出ない太陽光発電。
でも、早川さんの話は、その敷居を一気に下げてくれました。

独立型(オフグリッド)ソーラーシステムって何だ?

現在、普及しているソーラーシステムは、系統型。
屋根の上に何枚ものパネルが乗っかっていて、昼間は電力会社に売電し、夜は電力会社の電気を買っています。
これが100万円単位のお金がかかるし、電力会社との契約も必要。

これに対して、独立型(オフグリッド)は、太陽光発電された電気をバッテリーに貯めて自分で使うだけなので、何の制約も要らない。
しかも、数万円から始められる。

必要な部品は4つ。
太陽光パネル、コントローラー、バッテリー、インバーター。
これだけ。
これをつなげば、すぐに電気製品が使える。
実際やってみたけど、あっけないほど簡単であった。

電力量を増やしたければ、太陽光パネルとバッテリーを増やせばいい。
でも、最初は小さい単位から始めてほしい、と早川さんは言う。
そうすることで、いかに電気を浪費しているかが認識できる。
自然、電気の使用量そのものが減っていくそうである。

いやあ、すぐにでも始めたくなった。

S1237499_509737482437344_1335466989


|

« 庭木の剪定 | トップページ | 歩いて峠越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭木の剪定 | トップページ | 歩いて峠越え »