« 棚倉の寒い夜 | トップページ | 真っ白な風景 »

2012年1月28日 (土)

火の用心

朝、父ちゃんが雪かきをしていると、通りの下の方からもくもくと煙が。
尋常ならざる黒煙が立ち上り始めた。

火事だ!

人がわらわら出てきて、近所の人たちが消火活動を始めた。
父ちゃんも近くまでいってみる。
平屋の家がごうごう燃えている。
ものすごい勢い。
おじいさんが燃える家の玄関先に呆然と立っていた。

近所の人たちが、
「○○、早く、こっちに来い」と繰り返し叫ぶ。
ようやく、通りに避難してきたおじいさん。
全身煤だらけで真っ黒。

消防団も次々に駆けつけ、消防車も到着。
両隣の家とは2mも離れていない。
隣の家に水をかけて延焼を防ぐ。

原因は、ストーブに灯油を入れようとしてこぼしたらしい。

結局、この家は全焼した。

火を使う機会が多い冬場、火の取り扱いには十分注意を。

|

« 棚倉の寒い夜 | トップページ | 真っ白な風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 棚倉の寒い夜 | トップページ | 真っ白な風景 »