« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月15日 (火)

真っ白な南会津

毎日毎日雪がふる南会津です。
現在1mくらい積もっています。
今朝も新たに20cmくらい積もりました。
一体、これがなくなる日が来るのだろうか。

でも、立春を過ぎて明らかに雪質は変わってきました。
前は、細かい粉雪で、積もった雪もふかふかでしたが、徐々に湿り気を帯びた雪になっています。
相変わらず真っ白な景色ですが、少しづつ春が近づいている・・・かな?

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

シェア<共有>からビジネスを生みだす新戦略

Share シェア
<共有>からビジネスを生み出す新戦略

レイチェル・ボッツマン/ルー・ロジャース
NHK出版

かつて農山村には、「結(ゆい)」という文化があった。
人手のかかる仕事を集落みんなが労働提供するもので、お互いに助け合う文化だ。
戦後、個人主義が横行し集落の束縛を嫌った世代の台頭により、徐々に失われていった文化である。

さて、モノがあふれかえるハイパー消費社会。
その社会で生まれ育った世代が再びコミュニティへの帰属を渇望している。
とは言え、必要以上の束縛を嫌う彼らの新しいプラットホームは、インターネットだ。

本書は、新たに台頭してきた様々なシェアビジネスを取り上げ、時代が今後どのように変わっていくのかを示唆している。
それば言わば、新しい形の「結」であろう。
持続可能なモデルでなければ、今後生き残ることはできない。
それはきっとより良い世界につながっていくのだろう、と漠然と思う。

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

いっちゃんのテレビ

日曜日。
いつも寝坊助のしょうへいだが、朝6時から起きてテレビを見ている。
一方、対照的なのが、いっちゃん。
ほっとくと、いつまでも寝ている。

8時ころ、朝ご飯のため、いっちゃんを起こす。

「いっちゃん、起きて。兄ちゃんは、テレビを見ているよ。」
テレビ見たさに起きるのではないか、と思って言うと。

「いっちゃんもテレビ見ていたのに。」
どうやら、いっちゃんの頭の中では、楽しいテレビをずっとやっているようで・・・。

| | コメント (0)

ケータイの受難

携帯電話の所持を拒み続けてきた父ちゃんだが、ついに抗しきれなくなってきた。

「いいかげん、ケータイ持ちなさいよ。」
「別に困ってないけど。」
「父ちゃんが困ってなくても、周りの人が困ってんの!」

という訳で、昨年末よりケータイを所持するようになった父ちゃん。
専ら母ちゃんとの連絡用である。

さて、飲み会の翌朝。
「あれ、フリース洗濯したの?」
「したよ。」
「フリースの胸ポケットにケータイ入ってんだけど。」
「えーーーー!」

わずか数ヶ月で寿命を迎えたケータイであった。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »