« しょうへい帰国 | トップページ | それでも、日本人は「戦争」を選んだ »

2009年10月 5日 (月)

1年生のウォークラリー

父ちゃんです。

父ちゃんは、いっちゃんたち1年生の学年委員をやってます。
昨日は、その学年委員会主催の学年行事「ウォークラリー」が行われました。

この日に向けていろいろ準備してきた父ちゃんたち、さてその中身は、というと。
子どもたちを4~5人のグループに分けます。
コマ図と呼ばれるコース図をグループごとに配布、行き先を推理しながらコースを廻ります。
途中のチェックポイントで係の人(父ちゃんたち)が課題を出します。
その課題をこなしたら、キーワードを1文字づつもらいます。
全部の課題ができると、ひとつの言葉ができます。
無事、ゴールしたら景品がもらえます。

この日は、爽やかな秋晴れに恵まれました。

開会式で、ルールを説明して出発。
第1チェックポイントは、なぞなぞ。
変装したお母さん(気合い入ってます)が、問題を出題します。

S200910040004 S200910040006

第2チェックポイント担当は、父ちゃん。
鉄棒のところで、みんなに逆上がりの課題を出します。
簡単にできる子となかなかできない子。
補助具を使ったり、手助けを得たりして、ようやく逆上がりができました。

S200910040007 S200910040008

第3チェックポイントは、虫とり。
原っぱで虫をとります。
バッタやチョウチョ、カマキリなんかを捕まえました。

第4チェックポイントは、ドングリ拾い。
山道を歩いて、ドングリやクリを拾います。

第5チェックポイントは、ジャングルジム。
てっぺんまで登って、おります。

S200910040009 S200910040010

第6チェックポイントは、タイヤ跳び。
タイヤを全部跳びます。
ちゃんと跳べずにおしりをついてしまう子もいました。

第7チェックポイントは、キーワード探し。
学校の裏のどこかにキーワードを書いた札が隠れています。
みんなで探すと、鳥小屋の中に札が隠れていました。

第8チェックポイントは、引き算。
引き算カードで出題される問題を答えます。

すんなり行くグループと、途中コースを間違えたりするグループがいたりして面白い。
無事、ゴールした子どもたちには、お菓子の景品。
閉会式で、「楽しかった人」と訊くと、全員の手が上がりました。

|

« しょうへい帰国 | トップページ | それでも、日本人は「戦争」を選んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しょうへい帰国 | トップページ | それでも、日本人は「戦争」を選んだ »