« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

初霜

父ちゃんです。

めっきり冷え込みが厳しくなった今日この頃。

朝、目を覚まして外を見ると、うっすらと白く霜が降りていました。

そして、今日、現場に出ると周りの高い山々は、白くなっておりました。

南会津の長い冬の始まりです。

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

非電化の意味論

父ちゃんです。

ご無沙汰してます。
来年度事業計画の作成に追われ、連日夜中までの残業が続いておりました。
家族と一緒にご飯を食べられない日々。
でも、そんな日々も終わり、また通常モードです。

さて、日大工学部において発明家の藤村靖之氏の特別講義がありました。
題して「非電化の意味論」。
藤村氏は、電気を使わない冷蔵庫や除湿器など、非電化製品を次々に発明している人です。
学生向けの講義ですが、一般にも公開してくれたので、聴いてきました。

白髪でひげをたくわえた優しそうなおじいちゃんといった風貌の藤村氏。
君たち、発明家にならないか、といった呼びかけから講義は始まりました。

「僕は、発明家を30年以上やっているんだけど、発明家の何が良いかって、
困っている人を見るよね、
助けてあげたいと思っても、どうしようもないことがある。
でも、発明家だったら、何とかしてあげられるかもしれない、と思うんだ。

以前、南米に行ったとき、50万人の子どもが水で命を落としている、って聞いた。
どうにかできないか。
これらの子どもたちの家庭は、とても貧しくて、水を買うっていうことはできない。
貧しい人たちが、安全な水を手に入れる方法が必要なんだ。
そこで僕は、インスピレーションが湧いて、ある方法を試してみた。

2リットル入りのペットボトルを用意するんだ。
これに400ccだけ水を入れる。
そして炎天下に置く。
すると、70℃くらいまで温まるんだ。
ペットボトルの中は、空気もいっぱい入っている。
これが膨張しようとするから、中はものすごい圧力になる。
そしたら、これを150回シェイクするんだ。

水で死ぬっていうのは、水の中にいる微生物が原因だ。
微生物は、高い温度と圧力と空気に触れることで99%死ぬ。
これがうまくいってね。
今では、南米でポピュラーな方法となった。

僕は、これで何万人かの子どもたちを救うことができたか、って考えるととても嬉しい。
発明家は、良い仕事だなって。

最近7年間は、非電化ってやつをやっている。
別に電化が悪いっていっている訳じゃない。
電気でもいいし、そうじゃなくてもいい。
どちらが幸せかな。
幸せな方を選ぼうじゃないか。

僕の作った冷蔵庫。
これは、中に水が入っている。
ご存知のように水は対流して、温かい水は上に来る。
冷蔵庫の天板は金属の板で、外側が赤外線を放射しやすいようになっている。
晴れた日の夜は、放射冷却でここから熱が放射されるっていう仕組みだ。
これで、真夏でも10℃くらいに保てる。

僕が非電化を始めたのは、発展途上国の多くで電化製品を使うようになってきたから。
発展途上国の人々がみんな、電化製品を使うようになると、
どう見積もってもエネルギーが足りなくなる。
このままでは地球が保たない。
かといって、途上国の人たちに不便を強いる訳にもいかない。
じゃどうすれば良いか。
電気を使わなくても便利なものを作れば良い。

さっきの冷蔵庫だけど、モンゴルの遊牧民が使えるように現地で手に入りやすい材料で作った。
羊2頭分という価格で、決して高価なものじゃない。

ナイジェリアにも行った。
ここでは、オレンジがいっぱい採れるんだけど、余ったものは腐らせている。
でも冬場になると、オレンジがなくてオレンジジュースを輸入しているんだ。
オレンジジュースは、金持ちしか飲めない。
オレンジを腐らせているのに、こんなバカなことはない。
そこで、オレンジジュースの輸入を禁止する法律を作った。
そうすればジュース産業ができるだろう。
ちょっと俺が行くまで、その法律の施行を待ってくれ、と政府に言った。
そうしたら、待っていてくれた。
政府関係者や民間の人たち大勢いるところで説明を行った。

まず見せたのは、ゴージャスなオートメーションのオレンジジュース工場のビデオ。
オレンジがくるりと一剥きで皮が剥かれ、ジュースになり、大きなジュースの川が流れ、パックに詰められていく。
全て自動化されて無人でやっている。
日本人が見ても、へーっ、てなるようなビデオだ。
アフリカ人たちは、もうびっくり。踊りだしちゃって。
君たちがやりたいのは、これかって訊くと、
そうだ、って言う。
設備に金がかかるぞ、というと、
そんなものは、日本のODAがあるからいいんだ、と。

ちょっと、待ってくれ。
今日は、もう一つオプションを持ってきた。それを見てくれ。
もう一つは、しょぼい絵をスライドで見せた。
オレンジを包丁で2つに切って、絞り器でジュースを絞り、人手により瓶詰めされていく。
これを見たナイジェリア人たちは、もうがっかり。
結局、俺たちはこれかって。
怒り出す人まで出てきてね。

でも、良く考えてくれ。
一つは、ゴージャスな電化オレンジジュース工場。
これには、いろいろ問題がある。
まず、ここで作っているのは濃縮還元ジュース。
産地が遠い日本なんかだと、やむを得ないけど、風味が損なわれておいしくない。
また、容器に紙パックが使われている。
オレンジジュースは、酸だから、そのままじゃ紙が溶ける。
そのため、コーティングしてあるけど、これも長い間には溶けるんだ。
日本人は、賞味期限が切れたジュースは飲まないけれど、君たちは飲むだろう。
それから、これらの工場を造ると環境負荷が大きい。
自動化ラインだから、雇用も生まれない。
採算ベースにのらなければ、最終的には、借金だけが残ることになる。

もう一つの非電化のオレンジジュース工場。
絞ったそのままだから、とてもおいしい。
環境負荷も生じない。
人手で造るから雇用も生まれる。
設備もシンプルだから、小さな工場をあちこちに造れる。
人がいっぱいいるところに造って、歩いて通えるんだ。
お金が殆どかからないから、利益も生み出せる。

これから30分時間をやる。
7つのグループ毎にディスカッションして、どちらを選ぶか決めてほしい。

30分後。
7つのグループ全てが非電化の工場を選んだ。
そして、出来すぎのオチまであるんだけど、全員が泣いたんだ。
つまり、彼らが勇気と希望を取り戻した瞬間であったんだ。」

この後、藤村さんの話は、野菜貯蔵庫の話や著書の紹介などに続きました。
講義のあと、学生から質問。
「これからも、世界を変えられるかもしれない、と思って活動を続けるのか?」
藤村さんは、
「僕たちは、団塊の世代の一つ前の世代。
僕らの世代は、学生運動やら何やらで旗持っていろいろやっていたんだけど、挫折した経験がある。
この世代は、絶望して口をつぐんでしまった。
でも、僕はこんなことをやっているおかげで、若者たちに多く接している。
百万人のキャンドルナイトなんていうものを立ち上げた連中も見てきて、それに五百万人くらい参加したらしい。
これは、ひょっとして変えられるのかもしれない。
僕は、女性や若者たちに勇気づけられた。
ただ、彼らには知恵が足りない。
それを、僕が補ってあげられるかもしれない。
僕は、彼らと一緒に活動を続けるつもりだ。」

会場からは、満場の拍手を持って特別講義は終了しました。

| | コメント (4)

2008年10月13日 (月)

尾瀬の紅葉

父ちゃんです。

子どもたちが揃ってマイコプラズマ肺炎になり、出席停止となりました。
おかげで、連休中の行事は全てキャンセル。
人混みの中には、行けません。
咳は出るけど、割りかし元気なんだけど。

ならば、人のいないところへ。
尾瀬の玄関口、御池までドライブ。

気持ちの良い秋空の下、檜枝岐へ向かって走ります。
若干色づいてきた木々がきれい。

しかし、檜枝岐の本村を抜け、尾瀬に向かう山道を登っていくと、そこは別世界でした。

一面の黄色と赤。
ブナの大木。
眼下に広がる大パノラマ。

「うわー、すげー」歓声を何度上げたことでしょうか。
尾瀬は、紅葉が見頃です。

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

トレイン&バイク

父ちゃんです。

しょうへいたちの小学校では、トレイン&バイクという行事があります。
自転車でサイクリングした後、帰りは電車で帰ってくるというイベント。
父ちゃんも参加してきました。

うちの自転車は、3段変速のママチャリなので、ちょっと心許ない。
自転車をレンタルすることに。
21段変速のマウンテンバイクです。

朝、小学校を一斉にスタート。
班毎にまとまって自転車を漕ぎます。
車通りの多い道を避け、ひたすら裏道。
住宅街を抜け、川を横切り、田んぼの中を走ります。
21段変速は、楽だなあ。

S200810030010

最初のチェックポイントは、田島二小。
ここでトイレ休憩。
すぐ隣にリンゴ園があり、ここでリンゴ狩り。
みんな、丸ごとリンゴを食べたり、おみやげに持ち帰ったり。

リンゴ園を出発した後、田んぼの中の道を走ります。
舗装道路が無くなって、砂利道へ突入。
一体、どこに行くんだ?
田んぼが終わって、山の中の道へ。
がたぼこ道なので、走りづらい。
ああ、マウンテンバイクで良かった。

急な下りが現れたので、自転車を降りて、下りました。
坂道を下っていくと、大きな川が現れました。
なんと、この川を渡るという。
一体、どうするんだ、と思いましたが、砂防堰堤の上を渡りました。
みんな、川に落ちないように慎重に渡ります。
堰堤の天端に水が少し流れていて、靴が濡れる子も。

S200810030013

川を渡ると、下郷町養鱒公園。
ここでしばらく休憩。
ニジマスを眺めて楽しみました。

養鱒公園を発って、田んぼ道を走っているときに事件発生。
女の子の一人が飛んできたハチに刺された模様。
大事には至らなかったものの、病院に運ばれ、その子はそこで中止を余儀なくされました。
頑張っていたのに、残念。

大川ふるさと公園で昼食。
芝の土手をシートで滑ったり、転がったり、泥んこになる子続出。

ここから、登り下りを繰り返して、搭のへつりへ。
自転車で行く道のゴールです。
ここまでの間、遅れ気味になる子もいましたが、みんな頑張りました。
しょうへいは、足が痛いと言っていました。
父ちゃんは、アキレス腱の痛みを抱えているものの、自転車も良かったので平気。
お母さんたちは、疲れたようです。

帰り道は、搭のへつり駅から会津鉄道に乗ります。
トレイン&バイクのための臨時便。
トロッコ列車に自転車を満載。
どうやって、自転車を積むのか不思議でしたが、写真のとおりです。

S200810030026

会津田島駅に到着したあと、みんな解散しました。

その夜、打ち上げの席でトレイン&バイクのスタッフであるグリーンストックのメンバーに訊きました。
グリーンストックは、もともと地域づくりのために立ち上げられた団体。
その中で、会津鉄道の活用ということで始まった行事のようです。
今では、グリーンストックのメイン行事。
小学校では、4~6年生がやっていましたが、今年から、5・6年生は忙しいという理由で無くなり、4年生だけに。
実に良い行事なので、もっとやって欲しいなあ。

| | コメント (2)

2008年10月 7日 (火)

昼休みのよみきかせ(10月7日)

かあちゃんですhappy01

今日は、小学校の「昼休みのよみきかせ」の当番でした。馬場さんと二人で担当しました。
お天気はくもり。一年生が16人聞きに来てくれました。

Uekibatidesu Onigirikungane Musiwotaberukusa Danmarikoorogi

『うえきばちです』 川端 誠、BL出版

『おにぎりくんがね・・』 とよたかずひこ、童心社

『むしをたべるくさ』 渡邉弘晴 写真、伊地知 英信 文、ポプラ社

『だんまりこおろぎ 虫の音がきこえる本』 エリック・カールさく、工藤直子やく、偕成社

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。

「いっちば~ん」「にば~~ん」といいながら、元気のいい男の子、女の子が、始まる5分前に会場の多目的ルームに入ってきました。

「今日読もうかな?」と思った絵本をホワイトボードに並べておいたので、「今日はなに?どの絵本?」などといいながら、子どもたちはさっそく絵本を広げはじめます。
「え?もう見ちゃうの?お楽しみにとっておかなくてもいいの?」と聞くと
「いいの、いいの」といって、ページをめくっていきます。
今日の絵本は、どんな雰囲気か知りたい、お話しは読めなくても絵は見たいって感じでしょうか。
TV番組や映画の予告編みたいなモンかな?

今日も私は「かっぱ」の手袋人形をはめて、谷川俊太郎さんの「かっぱ」を朗読しました。
この頃続けてやっているので、お馴染みの子もいます。
「かっぱ」の詩は、すぐには覚えられないので、始まりの時間まで、飽きずに何度でも見てくれました。

《本日のプログラム》

導入は『うえきばちです』。
  のっぺらぼうを植えて水をあげていたら、芽(目)がでて、葉(歯)がでて、花(鼻)が咲いて…
 ナンセンス絵本は、子どもたちの心の緊張をふーっとほどいてくれるようです。 

2冊目『おにぎりくんがね・・』は、小さい子向きな絵本ではあるけれど、一年生のみんなも「どうなるのかなあ?」と、展開をいろいろ想像しながら、口々にぶつぶつ何か言って見て、楽しんでいました。(心の中で思ったことが、そのまま言葉になってしまうのね~)
「しんぱい ごむよう」なんて、難しいセリフもはいってるのも、なかなかいいですよ。

今日の目玉は、写真絵本『むしをたべるくさ』です。
元気な子どもたちも、葉っぱに虫が挟まれちゃう場面に、目がくぎ付け。
「人間だったら?」なんてちゃかす子もいたけど、案外心配になったのかもね。

以上3冊を私が読みました。

最後に馬場さんが『だんまりこおろぎ 虫の音がきこえる本』を読みました。
だんだん深まる秋の日にぴったりな選書です。最後のページで、虫の声がするサプライズに、こどもたちもびっくり。読み終わると、みんな絵本を取り囲んでいました。

「子どもが見たい本を選ぶこと」という赤木かんこさんの教えは、「本当にそのとおりだ!」と、今日もやっぱり思ったのでした。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »