« トマトの丸焼きスパゲッティ | トップページ | モノ書き稼業はもう大変 »

2008年7月 8日 (火)

石田君の講演会

父ちゃんです。

石田ゆうすけ君の講演会が田島小学校で開催されました。
石田君は、自転車で世界一周を成し遂げ、現在、「BE-PAL」なんかに連載を抱えているライター。
父ちゃんは、妙な縁で友だちになりました。
一緒に飲んだり行動を共にしたりしたことがありますが、世界一周の話を改めて聞いたことがない。
かねてより、聞いてみたいと思っていましたが、ようやく実現しました。

今回は、田島小学校とPTAの主催。
小学生4~6年生と父兄が聴講。
演題は「夢を持つ喜び~自転車世界一周7年半の旅~」。

みんなの拍手に迎えられ登場した石田君は、スクリーンに映し出された映像を見せながら話し始めました。
世界一周までの軌跡。
アラスカの大自然。
インディアンの聖地モニュメントバレー。
南米の遺跡。

次々に映し出される世界の映像に、子どもたちは、「おおー」「すげー」と感嘆の声をあげます。

ペルーで襲われた強盗の話。
アンデス越え。
広大なパタゴニア。

南米での悲惨な体験とそれを越えたあとの自然との闘いに声を呑みます。

ヨーロッパの美しい町並み。
キノコ売りの障碍者のおじさんのエピソード。

暖かい人との触れ合いに感動。

アフリカの元気な子どもたち。
道路脇にいるキリン、シマウマなどの野生生物。
熱い大地と砂漠と緑。

乾いた大地と元気な子どもたちの姿に、本当の豊かさとは何かを考えます。

中東の親切な人々。
風の谷。
シルクロード。

同じアジアの様々な姿を見ます。

そして、子どもたちへのメッセージ。

僕は、決して冒険をしたつもりはない。
自転車に乗ろう、世界一周をしよう、ということを言いたい訳じゃない。
大切なのは、夢に向かって努力すること。
世界一周を終えて、大きな心の財産を得た。
僕の次の夢は、みんなに夢の大切さを伝えることだ。

大きな拍手を以て、講演が終わりました。

その後の質問コーナーでは、子どもたちの手がいっぱい上がりました。
教室に戻った子どもたちは、口々に「面白かったー」と言っていたそうです。
何かしら子どもたちの心に残れば、石田君を呼んだ父ちゃんとしても嬉しいです。

|

« トマトの丸焼きスパゲッティ | トップページ | モノ書き稼業はもう大変 »

コメント

良い企画でしたねー。
そういえば、前に○○高校にも呼びたいナーなんていってたのですが、実現できません。

だいぶ講演が多いみたいですね。

理屈だけを語る人よりも、体験を伴った人の話は面白いですね。

投稿: ハジメ | 2008年7月 8日 (火) 06時20分

とっても素敵な企画ですね。
行けなかったのが残念です。
石田さんの記事は、BE-PALで見たことあって、
実際どんな人なんだろうって思っていたら、
父ちゃんの知り合いだったなんて(o.o)/
後ろの正面T君でした。

投稿: Jun-Bee | 2008年7月 8日 (火) 08時53分

講演良かったです。
惜しむらくは、1時間しかなかったので、具体的なエピソードがあまり語られなかったこと。
もっとゆっくり聞きたいなあ。
刺激の少ない田舎の小学生にとって、とっても良い刺激になったのではと思います。

投稿: 父ちゃん | 2008年7月 9日 (水) 05時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマトの丸焼きスパゲッティ | トップページ | モノ書き稼業はもう大変 »