« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

ミニ門松

かあちゃんです。

今年は、公民館の「親子で挑戦」の最終回で、ミニ門松作りに挑戦しました。

S2007_12240016_3 

松竹梅のうち「梅」は手に入らなかったのですが、立派にできましたよ。
うちのアパートの玄関先に、ぴったりでしょう!S2007_12300007

ほほほほほ

みなさまも、どうぞよいお年をお迎え下さいね。

| | コメント (2)

2007年12月27日 (木)

父ちゃんの嫌いなもの

父ちゃんです。

父ちゃんは、甘いものが嫌いです。
小学校5年くらいから食べれなくなりました。
特にあんこと生クリーム。
よってケーキも食べません。

甘いものが嫌いな利点としては、虫歯にならないことでしょうか。
永久歯になってから、虫歯になったのは1本きりです。
もう20年も歯医者には、行っていません。

甘いものが嫌いで困ることは、それほどありませんが、悲しい想い出が一つ。

大学時代の父ちゃんは、寮に住んでいました。
その寮は男子寮と女子寮が食堂でつながっていて、ときどき女子寮の子が遊びに来たりもしていました。
ある日のこと。
父ちゃんの部屋に、女子寮の子が訪ねてきて、「ケーキ好きですか?」と訊きました。
「嫌い」と答えると、残念そうにその子は去っていきました。
そのあと、他の部屋に遊びに行くと、なんとみんなで手作りケーキを食べているではないか。

このときほど、甘いものが嫌いなことを恨めしく思ったことはありませんでした。

| | コメント (3)

猿と柿

父ちゃんです。
さるかに合戦の話では、ありません。

只見町黒谷地区。
只見川支流の黒谷川が深い山を切り刻んだところに集落が点在する山村地区である。
集落のはずれの古い民家の二階の軒先に干し柿が吊してあった。
父ちゃんがその側を車で通りかかると、その軒先から何かが飛び降りた。

ずいぶん、大きな猫だなー。
と思って見ると、一匹ではなく、何匹も山へ向かって逃げていった。
猿である。
中でもひときわ大きな猿が大きなトチノキに登って、こちらを見ている。
威嚇するように吼えたあと、赤いお尻を見せて、ゆっくり山へ向かっていった。

こちらは、車の中だったので冷静に観察できたが、空身で群れに囲まれると、それは恐怖であろう。

最近、猿の被害の話はあちこちで聞く。
軒下の干し柿までやられるとは。
実際にお目にかかると、その解決の難しさを実感した。

| | コメント (2)

2007年12月25日 (火)

17歳は2回くる

51k1j7dracl_aa240_

17歳は2回くる-おとなの小論文教室。Ⅲ
山田ズーニー/著
河出書房新社/2006

父ちゃんです。

「ほぼ日刊糸井新聞」に連載していた「おとなの小論文教室。」からの3冊目。
この「おとなの小論文教室。」は、ときどき読んでいて好きなコラムだったけど、こうして一冊にまとめられたものを読むと、山田ズーニーさんの主張が真摯に伝わってきます。
ズーニーさんは、これでもかというくらい自分をさらけだしていて、読んでいて痛々しいくらいです。
それだけに、ズーニーさんの言葉は、心の深いところに刺さってきます。

| | コメント (2)

今年のクリスマスケーキ

メリークリスマス☆

かあちゃんです。
12月に入って、カゼをひいたり、なにやらバタバタしていて、こちらを放置していました。
ここに遊びにいらっしゃるみなさま、カゼなどひいていませんか?
お体をお大事にして、年末のばたばたを乗りきりましょうね。

さて、今年のクリスマスケーキは、スポンジも、我が家で焼きました。
23日に、いづみとかあちゃんで、焼きました!
「ふくらみ」があと1.5倍は欲しかったなー、という感じの、どっしりと重い、「スポンジ」と呼ぶには、だいぶしっかりと歯ごたえを感じる、そんな出来でしたが…。

24日に、クリームやいちごできれいに飾り付けたら(飾り付け担当はいづみです!)、まあすてき!!S2007_12240024

今年がいつもと違うところは、他にもあって、あんなに「やりたがり」のしょうへいが、なんと、「これから友だちと遊ぶから、クリームで飾っておいて~」といって、ケーキ作りに参加しなかったことです!

かあちゃんは、それはそれはさみしい思いで、しょうへいを見送りました。

しょうへいの帰るのを待って、早速ケーキを食べました。
「なんだこれ?!ずいぶん固くね~?」といったのは、もちろんしょうへいです。
むむむむむ…

今度こそ、おいしいケーキをつくるぞー!S2007_12240027

| | コメント (2)

2007年12月11日 (火)

足跡

父ちゃんです。

昨日は只見の山の調査。
只見の山は20~30cmの雪が積もっています。

同行したのは、森林組合のWさん。
父ちゃんの知人には、ワイルドな人が多いけど、この人は別格です。
何せ熊撃ちのハンターです。
先週も一頭捕ったという話をしていました。

さて、雪の上を歩いていると、いろんな動物の足跡が見られます。
熊の足跡がある、とWさんが教えてくれました。

Spc100283

それがこの写真。
スギ林の中に足跡が続いています。
「この足跡だと、120~130kgの熊だな」とWさん。
雑木林から道路に降りた熊がスギ林に降りていったようです。

| | コメント (2)

2007年12月 5日 (水)

いっちゃんのお弁当

父ちゃんです。

一昨日から母ちゃんが風邪で寝込んでいます。
父ちゃん、時間給を取って乗り切るものの、大忙しです。
そんななか新たなピンチ。
なんと、今日はいづみがお弁当の日なのです。

大人の弁当は、余り物を適当に詰めてできあがりですが、子どもの弁当はそうはいきません。
父ちゃん、5時半に起きて朝食と弁当を作りました。
かぼちゃを煮て、卵焼きを作ります。
鮭とたらこを焼いておにぎりをにぎり、デザートのリンゴをむきます。
冷凍食品のハンバーグも入れて、なんとか体裁を整えました。
うーん、彩りに欠けるなあ。一生懸命やったのに・・・。

許していっちゃん。

| | コメント (3)

2007年12月 3日 (月)

軽トラドライブ

父ちゃんです。

かねてから懸案の物置に置いてある棚。
父ちゃん手製の物置棚で、郡山のアパートに住んでいたときはベランダに置いてあり、園芸用品を収めていたのだが、田島のアパートのベランダには収まらない。
やむを得ず、物置に置いていたのだが、どうも邪魔くさくて仕方がない。
本格的な冬を前に、子どもの自転車やスキーを物置に収めなくてはならないので、棚を撤去して郡山の家に持って行くことにした。

とは言え、ものが巨大なので、うちの車では運べない。
そこで職場の人から軽トラックを借りた。

軽トラックに棚はぴったり収まった。
ついでに要らないものや、郡山の家の洗面所に取り付けるロールカーテンなど諸々の品を積んで出発。
助手席にしょうへいを載せて、いざ郡山へ。

軽トラックは、何度か運転したことはあるものの長距離ドライブは初めてである。
あんまりスピードが出ないので、国道121号線を避けて県道を通る。
いつもびゅんびゅん流れていく景色が、今日はゆっくり見れる。
あ、あんなところに滝があったんだねえ。
見逃していた景色も発見できます。
のんびりムードで走ります。
後から車がやってきても、どうぞどうぞ追い抜いてください、とトラックを脇によせる。

しょうへい曰く、
「父ちゃん、歩いているみたいだねー。」

景色が違ってみえる軽トラ旅。
とても良かったです。

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »