« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

家庭訪問で用意するもの

かあちゃんです。
春は、学校関係のいろいろな行事が目白押し。
今日は、しょうへいの家庭訪問でした。
もちろん、かあちゃんは、朝から念入りなお掃除をして、先生をお迎えしました。
担任は、50歳になったばかりの男の先生。
さすがです。
担任になってたった2ヶ月なのに、しょうへいの「直した方が良い所」を的確に指摘してくれました。
プロだなーと感心しました。
「そうそう!先生そうですよね、そこ、直した方が良いですよね。」
と、相づちを打ちながら、20分はあっという間に過ぎました。

今回の家庭訪問で、先生からリクエストがありました。
「子どもの時の写真を1枚見せてください」というものです。
これにはどんな意味があるんだろう・・・・なぞです。
でも、ひさしぶりに、しょうへいが小さかった時の写真を眺められました。

あー、かわいかったよね~(親バカですみません!)

Sdscf0547 かあちゃんは、この写真を先生にお見せしました。 これは、しょうへい2歳10ヶ月、安積山に登った時の写真です。もちろん、適当に選んだんですけどね。

この頃、いろいろな知識の断片がどんどん入ってきて「頭でっかち」になってるしょうへいを見ていると、もう一度あの頃に戻って、頭の中をすっきり空っぽにしてあげたいな、と思ってしまうかあちゃんです。

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

ペンキ塗り

父ちゃんです。

家づくりもいよいよ佳境に入りました。
大工さんや左官屋さんの仕事は終わり、後は水道屋さんや電気屋さんなどの仕事を残すのみ。
一気に完成か。

いやいや、セルフビルドの分が残っています。
南会津に引っ越したため、週一回できるかどうか。

今日は、台所の天井と壁の一部のペンキ塗りをしました。
建築士の金親さんの指導の下、父ちゃんや子どもたちがペンキを塗ります。
しょうへいやいっちゃんは頭や手にもペンキがついていました。

S2007_05270084

他には、古い梁のヤスリがけや照明器具作りと取り付けなどを行いました。
スローペースで、家づくりは進んでいきます。

S2007_05270094

PS.助っ人募集中。
家づくりを体験したい方、ぜひ来てください。
今後、台所のセルフビルドや、床の蜜ろうワックスがけ、壁塗り、棚づくりなど、仕事は一杯あります。

| | コメント (2)

2007年5月26日 (土)

春の遠足

かあちゃんです

今週は、金曜日にしょうへいの、土曜日にはいづみの遠足がありました。
二日続けてのお弁当は、考えただけで、くらくらしましたが、やってみれば出来るものですね。

まずは、しょうへい。お天気は雨。かっぱも折り畳み傘も大活躍でしたね。
大型バスで、会津若松市の鶴ヶ城へ。
コーヒーカップに流紋焼の絵付けもしたそうで、出来上がりが楽しみね。
そして、おたのしみのメインは、はじめての「遠足おこづかい」。
首からお財布をさげて出かけて行きました。

帰ってきたしょうへい、なにやら元気がありません。
「どうした?」「おみやげ、買ったのになくした」「え?」
どうやら、私や、いづみに買ってくれた分をなくしてしまったようなのです。
相当なショックです。
かろうじて、持って帰れたのは、自分でほしかったものでした。
それはね…
 さて あ さて あ さてさてさてさて さては南京玉すだれ !!!!!
さっそく練習を開始した昌平でした。

お友達は、どんなおみやげを買ったかというと、なんと言っても一番人気は、白虎隊の焼き印の押してある木刀だったそうです。

「みんな買ってた!女の子も買ってたよ。南京玉すだれは、ボクだけだった!えへ」

そして、いづみです。お天気は快晴。夏のような日差しです。
うさぎの森キャンプ場というところに行きました。
往路は会津鉄道を使いました。
会津田島駅から四つ目の会津山村道場駅で降り、そこから、山道を一キロほど歩きました。

S2007_05270076

道の両脇の林では、ジージーと、セミの声が響きます。
あー、これがとうちゃんの言ってたハルゼミかぁ、と思いながら歩きます。
真夏のような雰囲気です。
いづみは「山の子いっちゃん」なので、マイペースながら、ばてることもなく広場に到着です。

それから、広場では、園の子どもたちみんなで体操や親子でダンスをしました。
マイペースないづみは、こういう「みんなと一緒」が、大の苦手です。
「ねえ、やろうよ」と声をかけても、「べつにやんなくてもいいんだ~」といって、座り込み、勝手なことをしています。
記念撮影も、やっぱり写りたがりません。でも、かあちゃんが無理無理抱っこして写らせようとしたので、きっとものすごい顔で、写ってるはずです。

S2007_05270080

なぜそんなに抵抗したかというと、いづみはどうしてもウサギ小屋に行きたかったのです。
いづみは動物好きです。ウサギさんを一度抱っこしたいと、ずいぶん長い時間がんばったのですが、ウサギさんも、必死で逃げましたから…。抱っこできず残念でした。
お昼には、しょうへいととうちゃんも合流して、一緒にお昼を食べました。
いづみがリクエストしたアンパンマンのキャラ弁というわけにはいかなかったけどね。

南会津に来てから、なかなか保育園に顔を出せないとうちゃんでしたが、「保育園の先生、かわいいなー。とうちゃんもお迎えに行かなくちゃね」とか、言ってました!!ムムムム。

| | コメント (2)

ワラビ

父ちゃんです。

山菜の盛りは、もうおしまい。
あとは、ワラビかな。

うちの近所を散歩していると、お墓の土手にワラビが出ていました。
ワラビは、こういう陽当たりの良い所に出てきます。
20本ほど採りました。

おつまみに丁度良い量だね。

| | コメント (0)

2007年5月22日 (火)

ハルゼミ

父ちゃんです。

父ちゃんの職場は、山の麓にあります。
窓から見える風景は、森です。
窓を開けると、いつも野鳥の声が聞こえたりするのですが、今日はハルゼミの声が聞こえました。
(正確には、エゾハルゼミか?)

町場育ちの父ちゃんは、小さい頃、夏にしかセミの声を聞いたことがありませんでした。
大学で山登りを始めてから、山では春にもセミが鳴いていてびっくりした想い出があります。

ああ、山にいるんだなー、と実感しました。

| | コメント (2)

2007年5月20日 (日)

全国学力テスト、参加しません。

全国学力テスト、参加しません。
犬山市教育委員会の選択

犬山市教育委員会 編
明石書店/2007

2007inuyama

父ちゃんです。

今年四月に行われた全国学力テスト。
全国で唯一不参加を表明した犬山市教育委員会は、そのことで一躍注目を集めました。

まずは、公的機関である犬山市教育委員会が真っ向から文部科学省に異を唱える本を著した勇気に拍手を送りたいと思います。
父ちゃんは、寡聞にして今回のテスト不参加により、初めて犬山を知りましたが、そこに至るまでには、約十年に及ぶ教育改革の実践があったのです。

全国学力テスト、これに類するテストは六十年代にも行われたことがありました。
その時、何が起こったか。
学校毎の競争が加熱し、テストのための授業やテストの際に成績の悪い子を休ませるといったことも起こったそうです。
そのため、テストは中止に至りました。
今回のテストは、先の小泉内閣の中山文部大臣が言い出したようで、その狙いは教育現場に市場原理による競争を持ち込もうとするものです。
さすがに文部科学省自体は、60年代の失敗を承知していて、今回のテストはデータを得るためのもので、個々の結果は公表しない、などと言っています。
しかし、同時に市町村などで結果を公表することはそれぞれの判断にゆだねる、としています。
父兄から、結果の公表を求める声があがるのは必至で、60年代の再現が生じるのは明らかです。

犬山では、検討を重ねた結果、悪影響が懸念されるため「実施すべきものではない」として不参加を決定しました。

では、犬山で行われてきた教育改革の目指すところとは何か。
「自ら学ぶ力」を育てることです。
自ら学ぶ力とは、「基礎的な学力を身につけ、家族や友だちを大事にし、地域を支え、自分の人生をたいせつにするとともに、生涯にわたって自ら学び続けようとする力」と定義づけています。

それを実現するために、権限を極力現場に落とし、少人数学級を実現しました。
現代社会はすぐに評価を持ち出しますが、それは行いません。
それは、教師の目線は子どもに注がれるべきで、評価を行うようになると上ばかりを気にするようになる、との理由によります。
犬山の授業で特徴的なのは、「学びあい」が多用されることです。
少人数クラスを更にグループ分けし、教師は必要最小限の指示を行い、後はグループで答えを考えたりします。
4~5人のグループでは、成績の悪い子も発言し、判らないことはグループのみんなで教えあうようになるため、学力の底上げと子どもの自ら学ぶ力を養い、積極性を増すことになります。
子どもたちは、学校が楽しい、と言います。
犬山では、欠席率が全国平均に比べかなり低いということで、数値的にそのことを示しています。

一方、教育の場に競争原理を持ち込むとどうなるか。
東京都品川区では、学校選択制が実施され、学力テストの結果が公表されているそうです。
そのため、人気のある学校とない学校の格差がますます広がっている状況が生まれているようです。
また「習熟度別指導」も行われ、発展クラスの子が優越意識を持ち、他のクラスの子をバカにする発言を行い、トラブルに発展した、という事例も報告されています。

果たして、あなたは、子どもをどちらの学校に通わせたいでしょうか。

| | コメント (2)

2007年5月18日 (金)

戸赤の山桜

父ちゃんです。

またまたちょっと古い話題ですみません。
5月4日、下郷町の戸赤の山桜を見てきました。
かねてより見たいと思っていた山桜。
戸赤集落の向かいの山の斜面に展開される山桜と新緑は、とても素晴らしいものでした。
いつまでも、ぼーっと眺めていたい景色でした。

S2007_05050079 S2007_05050072

S2007_05050085 S2007_05050089

| | コメント (0)

朝の風景

父ちゃんです。

うちのベランダから見える風景。
朝日を浴びて、新緑がとてもまぶしく映えていました。

S2007_05180003

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

びくびくビリー

かあちゃんです。

Bikubikubirii

アンソニー・ブラウン さく
灰島かり やく
評論社

いづみのお気に入りの絵本です。
図書館から、何度も何度も借りてきて読んでいます。
そろそろ買い時かも知れませんね。

ビリーはベッドにはいると、いろんなことが心配でたまらなくなってしまいます。
パパもママも「大丈夫よ」となぐさめてくれるけど、やっぱり心配で、びくびく!
おばあちゃんのところでお泊まりするとき、おばあちゃんに打ち明けると
おばあちゃんは「おばあちゃんも こどものころは しんぱいばっかりしていたもんだよ」
といって、「いいもの」をもってきてくれた。
それは、ビリーのかわりにしんぱいしてくれるお人形「しんぱいひきうけにんぎょう」でした。

何度も何度も読むうちに、ある時、いづみも「しんぱいひきうけにんぎょう」を作って、私に見せてくれました。
「じゃあ、枕の下に入れて寝ようね」
そして、いづみも大満足でぐっすり眠りました。zzzzzz…。S2007_05160013  

いづみも、心配なことをいっぱい抱えてるのかしら。

  『だいじょうぶだよ』

| | コメント (2)

2007年5月14日 (月)

山菜料理あらかると

父ちゃんです。

南会津は山菜の宝庫。
今の季節、もらったり採ってきたりで、毎日のように山菜が食卓にのぼります。
タラノメもコシアブラもコゴミもいっぱい。
でも、いつも天ぷらでは、飽きてしまう。
ほかの食い方はないものか。
(ぜいたくな悩みですみません。)

そこで、いろいろな食べ方を試したので御紹介します。

まずは、コゴミの油炒め。
通常、コゴミはおひたしで食べますが、炒めてもいけます。
このときは、炒めてから醤油みりんで味をつけ、カツオ節を混ぜ、ゴマをちらしました。

S200705040002

ついで、タラノメとコシアブラのベーコン炒め。
一口サイズに切ったタラノメとコシアブラをベーコンと一緒に炒めて、塩コショウで味を整えます。

S200705040001

最後に、タラノメとコシアブラのゴマ和え。
ゆでたタラノメとコシアブラを水で冷やし、ゴマをすって醤油みりんと混ぜ合わせ、和えます。

S200705050003

おかげでレパートリーが増えました。
まだ続く予定です。

| | コメント (2)

楢原探訪ウォーク

父ちゃんです。

下郷町に旧宿場町の楢原集落があります。
かの有名な大内宿ほどではありませんが、当時の面影が少し残っています。
この楢原集落を中心に史跡や旧道を訪ねる「楢原探訪ウォーク」というのが、5月3日に開催され、家族みんなで参加しました(ちょっと古い話ですみません)。

朝、集合場所の元小学校分校校庭に行くと、約80名くらいの人が集まっていました。
全行程5.5kmだと聞くと、しょうへいは、えーっと言ってブーたれます。
完全にやる気なしモードです。
そこに、しょうへいの習っているソロバン塾の先生がいました。
少し、ニコニコしょうへいになりました。

校庭を出発して円福寺というお寺を巡り、田んぼ道を歩いて山の方へ向かいます。
参加していた下郷町長さんが、しょうへいに、これ食べたことあるかい、とスカンポを差し出します。
えー、食べたことないよ、と答えるしょうへい。
大人たちにいろいろ話しかけるしょうへいに、周りの大人たちは面白がって、いろいろ教えてくれたり、タラノメなどの山菜を採ってくれたりと、いろいろ構ってくれます。
こうなるとしょうへいの独壇場。たったか元気に歩いていました。

いっちゃんも元気に歩きます。歩くどころじゃなく、走り出します。
山の子いっちゃんの本領発揮です。

S200705030032

山道を沢沿いに登っていくと、山桜が多く見られる場所に出ました。
いやあ、きれいだねえ。
子どもたちは、山桜には目もくれず、沢で水遊び。
父ちゃんが沢の石をひっくりかえすと、サンショウウオがいました。
それを見た子どもたちは、競ってサンショウウオ探しを始めました。

S200705030012

おばさんにコゴミをたくさんもらったいっちゃん。
コゴミを覚えると、自分でもたくさん摘み始めました。
いっちゃん、置いていかれるよ。早く行こう。
しょうへいもコシアブラを覚えて、採っていました。

林道を歩いてしばらくいくと、下野街道に出ました。
後ろを歩いていたおじさんの腰にワラジを発見したしょうへい。
履いてみたい、とおじさんに言うと、なんと履かせてくれました。
ワラジを履いて道を歩きます。
「僕、ワラジ履いたの初めて。」
「ここに参加している人で、履いたことのある人は殆どいないよ。」

S200705030042

下野街道を歩いて、八幡神社、雷神社と巡ります。
雷神社からは、楢原地区が一望できました。

S200705030043

集落に戻って、観音堂の前で昼食。
餅つき大会もあり、しょうへいも餅をつきます。

S200705030058

「へいほう石」の重さあてクイズや縁起物の五円玉が撒かれたりとイベント満載。
閉会式では、重さあてクイズの賞品授与が行われたりしました。
今回、ファミリー賞というのがあり、なんと我が家族がその賞をもらいました。
賞品は、お米5kg。うわあー、嬉しい。

「来年もまた来ようね。」
朝とはうって変わって楽しげなしょうへいでした。

| | コメント (0)

2007年5月12日 (土)

小学校の奉仕作業

父ちゃんです。

先日、小学校のPTAから文書が配布されました。

「春の奉仕作業協力について」
うん、そうか。
どこの小学校でも奉仕作業はあるしな。
いつやるんだ?

「日時 5月12日(土)午前5時30分~午前6時30分」
えええっっっっっっ!

地域性がこういうところにもでます。

| | コメント (1)

2007年5月 9日 (水)

深澤さんがやってきた

父ちゃんです。

ブログもホームページも滞っています。
すみません。

さて、4月28日に響きの森で行われた「山菜パーティー&森の音楽会」には、岩手県在住の薪割りスト深澤光氏を招きました。
深澤さんは、「薪割り礼讃」の著者で、薪割りクラブの提唱者です。
父ちゃんは、この本を読んでとても感動し、薪割りクラブを始めたので、かねてより招待しようと考えていたところです。
ついに実現しました。

前日、深澤さんは斧やチェーンソーを積んだ愛車に乗ってやってきました。
大玉村にある岩田さん(岩瀬薪割りクラブ会長)の山荘に行き、親交を深めました。
深澤さんは、県の林業職で父ちゃんと同業者です。
林業の人間は、ひとくせもふたくせもある人が多いのですが、深澤さんはとても穏やかな人でした。
穏やかだけど、ただ者ではない、という印象です。
薪の話は尽きることなく、楽しい夜が更けていきました。

さて、当日。
山菜パーティーの準備でスタッフは大わらわ。
深澤さんも火熾しを手伝ってくれました。
うう、お客さんなのに・・・。
深澤さんの講演内容は、「ふくしま薪ネット」を御覧ください。
参加者の中には、深澤さんの講演を期待して来た人もいて、交流を深めていたようです。

深澤さん、どうもお世話になりました。
今度、岩手に遊びに行きます。

| | コメント (0)

2007年5月 3日 (木)

いやいやいっちゃん

父ちゃんです。

南会津に来て早一ヶ月。
バタバタと過ぎて、だんだんこちらの生活に馴染んできました。
いっちゃんも、新しい保育園に少しづつ慣れてきたようですが、まだ自分を出し切れないようです。

或る朝のいっちゃん。
「いっちゃん、保育園に行くよー。」と母。
「保育園、お休みにするー。」
「どうして、お兄ちゃんも学校に行ったし、いっちゃんも行かなくちゃ。」
「保育園、行きたくなーい。」
「どうして、行きたくないの。」
「うちにいた方が、楽なのー。」

| | コメント (0)

2007年5月 2日 (水)

ソフトボール大会

かあちゃんです。

4月30日、南会津町の桜もようやく満開です。

しょうへいは、ソフトボール大会に参加しました。

プロ野球中継も、最後まで見たことのないしょうへいです。
ルールとか、わかってるのかなあ?
ライトって、どこだかわかるかい?
でも、ユニフォームを着れば、野球少年(あ、ソフトボール少年か)に早変わり。

まず、「守り」から始まりです。
  がんばれ~
ピッチャーは6年の女の子。
なかなかストライクゾーンに投げるのは、難しいようです。
  あ、打たれたー、外野走れー!
しょうへいも走るけど、追いつかず、結局ピッチャーが外野まで走ってきて、取りました。

なんだか、「がんばれベアーズ」みたいだね。

なかなか、大変な試合運びです。
ようやく1回の裏、しょうへいは何と、打順が一番です。
どきどきどき…S2007_04300157
  コン!
ゴロになりました。
走って走って~  
残念ながら、ボールの方が一塁に到着する方が早かったけど。やったね、当たったよ~。

試合は、1時間やって、タイムアップです。
だいぶ点を取られて、負けちゃったけど、みんな、よく頑張りました!S2007_04300169

| | コメント (2)

達沢不動滝

かあちゃんです。
GW前半、うちの家族とかあちゃんの妹夫婦で、中ノ沢温泉に行きました。
久し振りの温泉は、いい気持ち~
露天風呂からは川の流れが見えます。
とりの声も聞こえて、いい気持ち~
ガードレールも見えて…え?じゃあ、向こうからも見えちゃうじゃないの!

翌朝、お宿からもう少し奥に車を走らせて、達沢(たつさわ)不動滝を見てきました。
かあちゃんもはじめて行きました。
駐車場から川沿いに10分ほど歩きます。
しょうへいも、いづみも探検気分です。

S2007_04300082 S2007_04300094

男滝、女滝という二筋の滝が現れました。
新緑には、まだ早かったけれど、真っ青に晴れた空、木々の間から降りそそぐ透明な光、
流れ落ちる滝のきらきら光る水しぶき。
滝壺の所まで行くと、しぶきがさーっと降ってきます。
マイナスイオ~ン♪

S2007_04300089

あとで聞いたんですけど、この滝、NHKの大河ドラマ「風林火山」のオープニングに登場するんです。
ここでロケをしたそうですよ。
その夜、早速テレビで確認しました!

あー、ほんとだ~~~!!

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »