« 雑誌に載りました | トップページ | 五年ぶりの白神(その2) »

2006年9月25日 (月)

ハリガネムシ

父ちゃんです。

朝、いづみを保育園に送っていくと、
子どもたちが泥遊びに使うお鍋の周りに群がっていました。
中をのぞき込んで、ワイワイガヤガヤ。
「なんだ、これー。」
「うにょうにょ動いてるー。」

父ちゃんものぞき込みます。
中をみると丸まったゴム紐みたいなものが、うごめいています。
「これは、ハリガネムシだよ。寄生虫だね。
よく、カマキリのお腹の中にいるよ。」

「ウンコみたい。」
「ウンコムシ、ウンコムシ。」
子どもたちは、ハリガネムシをつついて遊んでいました。

|

« 雑誌に載りました | トップページ | 五年ぶりの白神(その2) »

コメント

かあちゃんです。
いろんなもの発見するよね。
いづみの保育園のこどもたちは、いつも裸足でどろんこで、たくましい!
「こんなのいるよー」ってこどもたちを誘う、先生たちも、素敵。
そして、管理しすぎないから、こどもたちはとことん好きな遊びを満喫。
この前いづみは、お友達のまーちゃんと暗くなるまで、お庭をスコップで掘ってました。
聞くと、お昼寝終わってからずーっと掘ってるって。
あんまり一生懸命なので、お迎えの時間だから…と、やめさせるのも可哀相になっちゃった。

投稿: かあちゃん | 2006年9月25日 (月) 11時26分

こんにちは
子供達が幼稚園の頃の事を思い出しました。
↑と同じように、小さな頭を寄せ合って、何かを見つめて嬉しげな子供達。
「お母さん見て~へんなカタツムリがいっぱいいるよ~」
今にもつまみそうな勢いの子供達。
何だろうと覗いてみてびっくり!!(@0@)
雨上がりの壁に、沢山のナメクジがはってました。(><)
ほんと、子供達にはいつも驚かされてましたねぇ~。

「ねぇ!ちょっときて!!」と呼ばれるたび虫が苦手な母はドキドキしてました。(笑

投稿: mariru | 2006年9月27日 (水) 13時41分

mariruさん こんばんは
mariruさんは虫が苦手なんですね。
って、たいていのお母さんは苦手なものですが、実はわたし、そんなに苦手じゃないんですよ。
在職中のある時、昆虫少年(虫取り網持ってそうな男の子)がそのまま年を重ねたような上司や同僚がいて、おかげで虫っておもしろいかも?思えるようになりました。
人生って、出会いって、おもしろいです~。

けむけむ毛虫くんはどうしても嫌だけど…(笑)。

投稿: かあちゃん | 2006年9月28日 (木) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌に載りました | トップページ | 五年ぶりの白神(その2) »