« U-9 サッカーフェスティバル | トップページ | 海に行こう!(その1) »

2006年8月20日 (日)

渓流釣り

父ちゃんです。

お盆中の話。
会津に帰っていましたが、久し振りに渓流釣りをやりました。
しょうへいに、かねてから釣りに連れてけ連れてけ、と言われていたのです。

「よし、じゃあ、明日の朝、釣りに行くぞ。ちゃんと起きるんだよ。」
「うん。」

翌朝、5時に起きて、しょうへいも起こします。
しかし、全然起きません。
うーん、少し悩んで、一人で釣りに出かけました。

行き先は、近くにある不動川という小さな川です。
ここに不動滝という滝があり、そこに神社もあります。

まずは、餌さがし。
土をひっくり返して、ミミズを探します。
すぐでてくるだろう、とたかをくくっていたのですが、
案に相違して、あまり出てきません。
出てきても、ものすごく大きいのだったり、逆に小さかったり。
無駄に時間を浪費してしまいました。

うーん、うちの畑でとってくるんだった。

ようやく捕ったミミズを餌に、川の流れを探るように流します。

うーん、アタリがないなー。
あ、ひっかけた。うわー、仕掛けがバレちゃった。
やはり、不動滝に行こう。

滝壺に餌を流すと、2回目にぐいっと引きがありました。
合わせます。
20cm弱のヤマメが釣れました。

時間も6時半を回っていたので、これでお終いにしました。
朝ご飯に、ヤマメの塩焼きを出すと、しょうへいは大泣き。

「父ちゃんのばかー。なんで起こしてくれなかったの。」
「わかった、わかった。ご飯食べたら行こう。」

今度は、畑でミミズを捕って、再び、不動滝に向かいました。
しょうへいは、渓流釣り初挑戦です。

2006_08150003

「いいかい、餌を流れにのせて自然に流すんだ。
滝のところに入れてごらん。」

4回目くらいに、ぐいっと引きがありました。

「引いてる引いてる。早く合わせろ。」

しかし、竿を引いたときには既に遅く、魚の姿はありませんでした。
ヤマメは警戒心が強いので、すぐに合わせないと逃がしてしまうのです。

あきらめきれないしょうへいは、その後しつこく餌を流し続けましたが、
ついぞ、アタリはありませんでした。
初めての渓流釣りは、ボーズに終わりました。

|

« U-9 サッカーフェスティバル | トップページ | 海に行こう!(その1) »

コメント

はじめまして。
mariruと申します。
自然と遊ぶ姿がいいですね~
すごく贅沢な遊びで羨ましいです。
まだ緑の多い千葉に住んでますが、こうした環境はやっぱりなかなか・・・。
コレが危ない、あれが危ない。。危険回避の方が先にたって、子供も満足に外で遊べなくなりつつあります。

親も川遊びや釣りとは縁がなく、もっぱら毎年友人から送られてくるお宝(あゆ)を楽しみにしているのみですが、こんな楽しそうな様子を見ると、一度チャレンジしたくなりますね。

今夜は”かあちゃん”←こんな呼び方して良いのかしら?^^;
のお誘いで伺いました。
素朴で暖かいお部屋ですね。
また遊びに伺います。
お邪魔しました。

投稿: mariru | 2006年8月22日 (火) 01時29分

mariruさん!

お越しいただきありがとうございます。
夜更かしをさせてしまいましたねー。
(気が付けば、私も…)

ヤマメの塩焼きは、たった1匹。
みんなで遠慮して、なかなか箸を付けられませんでした(笑)。

投稿: かあちゃん | 2006年8月22日 (火) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« U-9 サッカーフェスティバル | トップページ | 海に行こう!(その1) »