« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

父ちゃんです。

今日(旧暦10/29)も父ちゃんは山の中。
高柴山の近く、大越町の山中をさまよっていました。
北風が冷たく、とても寒かったです。

山の中を歩いていると、ちらちらと白いものが降ってきました。
雪です。
ついに、雪の季節になりました。

| | コメント (0)

父ちゃんです。

うちでは、毎週、生協から食材を配達してもらっています。
どうして、これを始めたかというと、子どもを連れて買い物に行くのが大変だったから。
買い物に行くと、子どもはじっとしている訳ないし、たまに行方不明になるし、あれ買ってーこれ買ってってうるさいし、買い物に行くだけでへとへとになってしまうからでした。

食材を週一回配達してもらうようになってからは、買い物の手間が省け、楽ちんです。
配達限定のおいしい商品などもあり、楽しみです。
欠点は、新鮮なお魚が手に入らないこと。
まあ、食べたい時は、買い物に行けばいいのだけど。

生協の配達の中の商品に「野菜ボックス」というのがあります。
低農薬に取り組んでいる決まった生産者が、旬の野菜をボックスに入れて届けてくれるというものです。
何が入ってくるのかは、判りません。
時々、別途たのんだ野菜とだぶってしまうこともありますが、旬のものというのは、そういうものだしね。(そういう野菜に限って、よそからも届いたりするんだ。)

さて、今回入ってきた野菜の中に、鎮座していたのが、この大カブ。

2005_113000361

思わず、おおーっと歓声を上げてしまいました。
聖護院カブというものだそうです。
いやあ、見事なものですなー。
はて、どうやって食べようか。

| | コメント (5)

2005年11月26日 (土)

干し柿

父ちゃんです。

郡山市西田町という農村に古民家を改築して住んでいるYさん一家がいます。
伝統的な自然な暮らしを面白い、という観点で見る人たちです。
面白い楽しいと思ったことについては、過剰なまでに追求するので、話を聞いているだけで、こっちも楽しくなってきます。

さて、先日、Yさんの奥さんから母ちゃんに電話がかかってきました。

干し柿を作ろうと思ったのよ。
それで、家の庭に柿を植えようという話になったんだけど、柿がなるまで何年かかるか判らないじゃない。
それより、採ってない柿が周りにいっぱいあるから、それをもらおうってことになってさ。
それで、あちこち聞いてみたわけ。
柿が欲しいって言うとさ、みんな、あんなものって言って、なかなか、うんって言わないのよ。
一人のおばあさんが、じゃあ、持っていきなっていったので、採らせてもらったの。
うん、30キロの米袋5袋いっぱい。
少しあげるね。

と言う訳で、うちに大量の柿がやってきました。
今、軒先に吊してあります。

| | コメント (1)

2005年11月25日 (金)

鰊の山椒漬け

父ちゃんです。

今日も、山を歩いていました。
が、別の話。
帰り道の車中で、ラジオで聞いた話です。

会津の名物、ニシンの山椒漬け。
どういう物かというと、身欠きニシンと山椒の葉を交互に重ねて酒・しょうゆ・味醂・酢に漬けたものです。
酒の肴にもってこいで、父ちゃんも好物です。

その所以について、ラジオで紹介していました。
時は、江戸時代。
当時の北海道の警備を仰せつかった会津藩の藩士たちは、沿岸に押し寄せる大量のニシンをどうにか会津に持ち帰りたいと思いました。
そこで、干したニシンを漬けて持ち帰ったのが始まりだそうです。

会津では、普通に食べます。
ちなみに、京都あたりで、そばにニシンを入れてよく食べるそうですが、これは京都守護職を仰せつかった会津藩主松平容保公が、そばに入れて食べたのが始まりだとか。

へえー。
馴染みの郷土料理ですが、歴史を知ると面白いねえ。

| | コメント (0)

2005年11月22日 (火)

初めてバレエを観た!

かあちゃんです。
先日かあちゃんの友人のみつよさん&ももこちゃん親子から「バレエの発表会」のご招待をいただき、こどもたちと行って来ました。
演目はなんと「福島信夫の里 義経の忠臣 佐藤一族の悲話」。
え?これってバレエの演目になっちゃうの????

今年のNHKの大河ドラマ「義経」を毎週楽しみに見ている昌平は「継信、忠信兄弟のことだよ」と言ったら、「見にいく!」とわくわくでした。
この頃、スカート大好きないづみは「お姉さんがきれいなドレスで踊るのよ!」と言ったら、お目目きらきらで「わたしもいくわー!」と、やや芝居がかったせりふで答えてくれました。

ちょうどその日は市町村対抗駅伝大会。コースと時間にばっちりあわせ、何キロもの渋滞にすっぽりはいったかあちゃんは、バレエの発表会の開始時刻に少し遅れて会場に入りました。
会場の大きなホールは最後列までぎっしりのお客様。
私たちは、仕方なく、最初の30分くらいは、通路の階段に腰掛けて鑑賞しました。

やっと目が慣れてきた頃、昌平は「タイツで踊って、つるっと転ばないかなあ」って心配したり、くるっと廻るバレリーナに「おーーー!!すげー!!」と驚いたり、「どうしてせりふ言わないんだ!ちっともわかんねーよー!」って怒ったり、鑑賞時間も2時間を超えた頃からは「もうだめー、あとどのくらい?ぼくもうふらふら~」と、結構大きな声で言っちゃったりしてました。

一方いづみは・・・というと、一言も声を出さず、ぐずることも、ねむることもなく、じーっと舞台を見つめていました。
時々「きれいね」と声をかけると、こっくりとうなずくいづみ。

「兄妹とはいえ、こんなにも違う人格なのねー。」
なんて、感心するかあちゃんでした。

見に行けなかったとうちゃんは「(バレエ版義経を)どうしても、想像できない」と言ってました。
残念だけど、かあちゃんには、その不思議な世界を言葉で表現するのは難しいのよ。
でもね、弁慶も義経もしずかも、金売り吉次だって!ちゃんと出てたのよ。
(昌平は、「あ、あの人絶対、金売り吉次だよね、だって、烏帽子が吉次だもん」とか、マニアックな見方してました、そういえば。)

| | コメント (0)

2005年11月20日 (日)

ぶつぶついっちゃん

父ちゃんです。

いづみは、絵本が大好き。
父ちゃん母ちゃんが読んであげないときも、本棚からひっぱりだして、一人で頁をめくってぶつぶつ言っています。

さて、いづみの好きな絵本の一つ。

itai

「いたい いたいは とんでいけ」
松谷みよ子/あかちゃんのわらべうた
佐野洋子 え

「いたい いたい」がいっぱい出てくる絵本。
いづみは、本を見ながら、ぶつぶつと唱えていました。

いたい いたいは いづみのい
いたい いたいは いづみのい

| | コメント (2)

2005年11月18日 (金)

通草

父ちゃんです。

今日(旧暦10/17)も、山を歩いていました。
天栄村の山の中で、こんなのを見つけました。
アケビです。

P10100131

もう、とっくに終わりだと思っていましたが、まだ、あるんですね。
無論、採って帰りました。
母さんへのおみやげです。

| | コメント (1)

2005年11月17日 (木)

母成峠

父ちゃんです。

今日(旧暦10/16)は、母成峠の山の調査に行ってきました。
冬型の天候で、西風ピューピューでとても寒かったです。
遠くの高い山を見ると・・・、おお、真っ白ではないか。

P10100111

冬ですねー。
早く調査を終わらせねば。

余談ですが、母成峠は戊辰戦争の古戦場になります。
大鳥圭介率いる会津藩(これに土方歳三率いる新選組も参戦していました)と板垣退助率いる新政府軍が戦ったところ。
ここでの敗戦が、会津藩の悲劇の始まりとなりました。
合掌。

P10100161

| | コメント (0)

2005年11月15日 (火)

ALWAYS 三丁目の夕日

父ちゃんです。

「ALWAYS 三丁目の夕日」観てきました。
昭和33年、建設中の東京タワーをバックに東京の下町を舞台に繰り広げられる人々の人情劇。
まだ、父ちゃんが生まれていない時代の、知らない街の話なのに、何故か郷愁を覚えてしまいました。
みんな、血の気が多くて、ああ、昭和だなあって感じです。
貧しいけれど、精一杯生きていて、希望に満ちた時代。
もう、映画の最中、ずっとボロボロ感涙しどおしでした。
ああ、良い時代だったんだなあ。

| | コメント (1)

2005年11月14日 (月)

ウルイ

父ちゃんです。

父ちゃんといづみは、昨日(11/13)、旧岩瀬村の「響きの森」に行って来ました。
ここの森林所有者である岩瀬地方森林組合の組合長が、ウルイの株分けをやるというので、手伝いに行って来たのです。

ウルイというのは、オオバギボウシのこと。
紫色のきれいな花が咲きますが、この葉と茎が食用になる、実においしい山菜です。
響きの森には、スギ林の林床にウルイが何万株と植えてあります。
今回は、森の中の別な場所に、ウルイを株分けして植え替える作業。
一体どうやるんだろうと興味津々で行って来ました。

この日は、僕たちの他に7人の人が来ておりました。
始めは、植栽場所までの道作りと植栽場所の林床の整理。
軽トラックが入れるように、林床の伐採木や伐根、草などを取り除きます。
これが一番の重労働。
でも、これをやっておくと、軽トラックで物が運べるのですごく便利になるのです。
いづみは、枝を拾ったり、杉の木の皮をむいたりして遊んでいました。
休憩時間に柿がでてきました。
いづみは、2つも食べました。
午前中は、この作業で終わりました。

お昼には、焚き火を囲んで昼食です。
組合長の奥さんが、すいとん汁とおにぎりを持ってきてくれました。
外で食べるすいとん汁はとてもおいしかったです。
いづみもお餅だ!といって食べていました。
すいとん汁の後、いづみはまた柿を食べていました。

午後は、いよいよウルイの株分けです。
ウルイが植えてあるところに行って、1株おきに鍬やスコップで掘り起こします。

200511130007

掘り起こした株もよく見ると、いくつもの株がからんでいるので、更にそれをいくつかに分けます。
根っこが複雑にからんでいます。
これを手で振り分けるのかなと思いきや、なんと鎌でざっくりと切っていきます。

200511130008

こんなアバウトでいいのか、と思いましたが、ウルイは強いのでこれで大丈夫との事です。
これで大量の株ができました。
いづみは一生懸命、コンテナに株を運んでいました。

200511130010

これを、先ほど整理した林床に植えればできあがり。

| | コメント (0)

2005年11月13日 (日)

自転車いっちゃん

父ちゃんです。

父ちゃんといづみは、毎朝、自転車で保育園に行きます。
自転車には、前と後ろの両方に、子どもが乗れる椅子があります。
いつも、いづみは前に乗りますが、時々、後ろに乗りたいと言うことがあります。

どうして、後ろに乗りたいの?

だって、父ちゃんの背中を見ていたいから。

| | コメント (2)

2005年11月11日 (金)

初霜

父ちゃんです。

今朝(旧暦10/3)、外を見たら隣の家の屋根や車の上が白くなっていました。
初霜です。
もう、冬ですね。

| | コメント (3)

2005年11月 9日 (水)

ブナ

父ちゃんです。

今日も、山の調査で湖南町の山を歩いていました。
雨の中の調査で、とても寒く大変でした。
調査の性格上、歩くところは人工林が多いのですが、時折、こんな素敵な光景にもぶつかります。

P10100201

ブナの原生林です。
今の時期は紅葉がきれいで、しばし見ほれておりました。

ちなみに今年は、ブナの実が豊作です。
ブナの実が豊作になるのは、5~6年に一度だけ。
ブナの実は、蕎麦の実によく似た三角の形をしています。
とてもおいしい実で、生でも食べられます。
外側の固い殻をとって食べます。
生でもいけますが、煎って食べると、香ばしさが増して、酒のつまみに最適です。
さあ、5~6年に一度のチャンス。
ぜひ、拾いに行こう。

| | コメント (0)

2005年11月 8日 (火)

いづみ作「アンパンマン」

いづみが保育園で描いたアンパンマンです。

ハートは先生が描いたそうです。

p011

| | コメント (0)

2005年11月 6日 (日)

総合学習発表会

父ちゃんです。

昨日(11/5)、しょうへいの通っている小学校では、総合学習の発表会が行われました。
総合学習って、一体、何やるんだろう?
と疑問でしたが、それに答える良い発表会でした。

発表会は、前半後半の2つの組に分かれて行われます。
前半の時間には、前半担当は、それぞれの教室で発表を行います。
後半担当は、前半の時間はフリーに、違う教室とかも見に行って良いことになっています。
父兄は、フリーで自分の子どもの教室以外にも、どの教室、どの学年でも見に行って良いのです。
何だか、学会みたいだなー。

1年生は、「あきをたのしく」というテーマです。
ドングリや松ぼっくりなどの秋の自然を使って、工作やゲームを作って、発表します。
2年生は、「みんな あつまれ やっほいほい」。
グループごとに作ったゲームです。
3年生は、「食べ物はかせになろう」。
身の周りにある食べ物について調べて、発表します。
4年生は、「手と手をつなごう」。
点字や手話の活動を通して福祉について体験し活動する学習。
5年生は、「槻の木ビーンズ」。
大豆を栽培し加工する活動を通して食について考えます。
6年生は、「愛・地球・探検隊」。
環境問題に取り組みます。

1年生のしょうへい達は、ドングリで迷路を作りました。
お菓子の空き箱に、紙や釘で迷路を作り、そこにドングリを転がします。
うまく、ゴールにたどりけるかな、というゲームです。
ペットボトルの蓋で落とし穴を作ったり、釘と紙で回転する扉を作ったり、となかなか凝っています。
僕が作ったんだよ、と自慢げです。
よしよし、なかなかうまいぞ。
しょうへい達のグループは、快活な子が多く、来るお客さんに遊び方などを積極的に説明していました。

他にも、ドングリロケットやつるで作ったリース、ドングリごま、松ぼっくりの輪投げなどいろんな作品やゲームがありました。
いづみは、輪投げが気に入ったようで、入るまで何回もやっていました。

他の学年も、少し覗いてみました。
いつも家に遊びに来るけいた君という3年生の男の子がいます。
遊んでいる時は、しょうへいと殆ど同じレベルに見えていましたが、タケノコについて調べたことをきちんとみんなの前で発表していて、おお、さすが3年生、と少し見直しました。

2年生のゲームでは、教室丸ごと使った迷路があって、いづみが果敢に挑戦していきました。
お父さんも来て。
よしよし、今行くからね。
迷路は並べた机を段ボールで覆っていて、その中をくぐります。
うわー、だんだん狭くなっていくー。
父ちゃん、匍匐前進。
ようやく、ゴールすると、お父さんよくくぐりましたねーとその教室の先生に感心されました。

総合学習の後は、バザーです。
校庭では、いろんな食べ物や飲み物を売っていて、体育館では、いろんな物品を販売しています。
母ちゃんは、朝から食べ物のお手伝い。
食べ物コーナーには、長蛇の列ができていました。
しょうへいは、友達とどこかへ行ってしまったので、父ちゃんといづみ2人で動きます。
予め買ってあった食券で、クレープを2つ買いました。
父ちゃんといづみで一つづつ食べました。
その後、戻ってきたしょうへい。
父ちゃんが、クレープを食べたことを知るや大激怒。
えーん、僕が食べたかったのにー。
しばらく、非難は続きました。

家に帰って、しばらく経ってから、手伝いから解放された母ちゃんが戻ってきました。
おみやげに、余ったクレープを持ってきてくれました。
ようやく、しょうへいの機嫌がなおりましたとさ。
めでたし、めでたし。

| | コメント (0)

2005年11月 5日 (土)

平ヶ岳

父ちゃんです。

一昨日(11/3)から昨日にかけて、平ヶ岳に行って来ました。
平ヶ岳は尾瀬より少し北にある新潟県の山です。
行程がすごく長く、大変きつい山で、へとへとになりました。
大変素晴らしい山でしたが、詳細は追って「それいけ!しょうへい」に載せたいと思います。

それにしても、山はいいものです。
行く前、仕事でつまずいたことがあり、いろいろ思い悩んでいたのですが、山に登り始めると、頭の中がからっぽになって、すっかり気分転換が図られました。
メシの心配しかしなくていい時間は、とても貴重なものです。
登山セラピーでも提唱しようかな。

| | コメント (0)

2005年11月 1日 (火)

白鳥

父ちゃんです。

一昨日(旧暦9/28)、コーコーという鳴き声が聞こえてきたので、空を見上げると、白鳥が飛んでいました。
冬の使者がやってきました。

| | コメント (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »