2016年12月24日 (土)

第九フラッシュモブ

クリスマス前日のお昼過ぎ。
郡山駅で突如、第九の演奏が始まりました。
フラッシュモブです。
いっちゃんも歌いました(何故かしょうへいも飛び入りで)。





| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

掘り炬燵その2

ベンチを組み合わせて作った掘り炬燵ですが、しょうへい以外には「高い」と不評です。
座面の高さが47cmですが、これだと足がプラプラしてしまう。
また、昇り降りもちょっと怖い感じがするそうです。

仕方ない。ちょっと低くするか。
6cm低くして、41cmにしました。
ベンチをばらして、丸ノコで切って・・・。
全部のベンチなので結構な作業です。

Simg_3435_2
出来上がり。

Simg_3434_2
おや、何かいるぞ。

Simg_3433
いっちゃんだ。

Simg_3438
炬燵を載せると、こんな感じ。

Simg_3437
分かったよ。

 

| | コメント (0)

2016年11月 5日 (土)

越後駒ケ岳

Simg_3479_2

2016/11/4

久しぶりの本格的な登山。
タケさんと2人です。

駒ノ湯温泉登山口(360m)から出発。
あいにくの雨模様。でも快方傾向のはず。

紅葉のブナ林を歩く。
途中の枯れ木には、ナメコがいっぱい。
でも、急登で採っている余裕はない。

Simg_3448 Simg_3453

標高1100mを超えたあたりから、雪がでてくる。
積もったばかりのようだ。

Simg_3457

小倉山までは、まだまだ急坂が続き、クサリ場も3箇所あるらしい。
うち、1箇所は突破したけど、あと2箇所ある。
軽登山靴できたけど、岩の上に雪が乗っていて滑る滑る。
岩場で滑って転ぶ。
顔面を岩に直撃。
痛たた。
心が折れる。

タケさんが、降りようと決断を下す。
そうだなあ、冬山装備じゃないしなあ。
残念ながら敗退。

降りると、やはり紅葉の秋山。
全然違うなあ。

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

掘り炬燵

「テーブルと椅子の生活がしたい」と子どもたち。
でも、炬燵も捨てがたいしなあ。
そうだ、掘り炬燵だ!
「床に穴を空けるの?」
いやいや、父ちゃんにアイデアがある。

じゃーん。
どうだ、ベンチを組み合わせた掘り炬燵。
「イメージ違う」「高い」
でも、実用性はバッチリだぞ。
しばらく使ってみよう。

(90cmのベンチ4つと120cmのベンチ2つを組み合わせて、作りました。)

Simg_3428

Simg_3425 Simg_3398 Simg_3402




| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

ウィーン・フィルとの共演

しょうへいといっちゃん、なんとウィーン・フィルメンバーと夢の共演を果たしました。

正式な名前は、
ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金
「こどもたちのためのコンサート」特別公演
~岩手・宮城・福島のこどもたちとウィーン・フィルメンバーによる夢の共演~
です。

しょうへいといっちゃんは、第9の合唱で参加。
なんと、隣同士で歌っていました(笑)。
初共演です。
素晴らしい演奏でした。

(追記)
福島民報の記事です。

http://www.minpo.jp/pub/topics/hotnews/2016/10/post_1231.html

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

第70回福島県合唱コンクール

しょうへいの高校、いっちゃんの中学ともに出場した合唱コンクール県大会。
聴きに行きましたが、素晴らしい演奏。
どちらも金賞で東北大会出場を決めました。
おめでとう!

| | コメント (0)

2016年7月31日 (日)

シン・ゴジラ

エヴァンゲリオンの庵野秀明が総監督を務める「シン・ゴジラ」。
しょうへいと一緒に観てきました。

いやあ、凄かった。
あれはハリウッドには作れまい。
ゴジラと対峙する日本政府の狼狽ぶり。
ゴジラにより被災する首都圏。
東日本大震災を彷彿させ、強烈な現代日本への批判が込められています。
最強のゴジラとなっていますが、原点回帰とも言えるでしょう。

うーん、また観たいな。

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

白河のプロジェクションマッピング

家族みんなで、白河文化交流館「コミネス」でのプロジェクションマッピングを観てきました。
すごかったです。

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

声楽アンサンブルコンテスト

いっちゃんとしょうへい、それぞれ声楽アンサンブルコンテスト全国大会に出場しました。

0320minpo 0321minpo_2

| | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

震災より5年

5年前、我が一家は南会津にいました。
4月から郡山に引っ越す予定だったので、いろいろ準備をしておりましたが、震災のゴタゴタで全てふっとびました。
その点では、震災に翻弄された一員でもある。
でも、福島県内では最も震災の影響の少ない南会津で過ごせたのは幸いだったなあと思う。

原発事故は今も現在進行形。
いまだに家に帰れない人も大勢いる。
あの日そしてその後無くなった人も大勢いる。

黙祷。

| | コメント (0)

«父ちゃんのパンその4